にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

マンガ

中国4000年の歴史!『バキ』海王強さランキング

バキシリーズでも人気の高いキャラクターである烈海王ですが、彼の持つ「海王」の称号は中国武術最高峰の証であり、その実力者たちは中国国内に散らばっています。 そんな海王たちがその中のさらにトップである「海皇」になるべく開催される武術大会「大擂台…

敗北を知りたい…『バキ』最凶死刑囚強さランキング

バキシリーズの中でも屈指の人気を誇る「最凶死刑囚編」 今までの『グラップラー刃牙』は人獣関係なく純粋に強さを競い合う格闘漫画であったものの、本編ではダーティーな闘いを繰り広げるちょっと大人な展開も垣間見ることができます。 もうね、死刑囚がと…

最強は誰だ!?アメコミヒーロー強さランキングTOP10

アメコミ……それは僕らの憧れが詰まったバイブル。 それに応えるように近年ではリアルなCGを駆使した実写化作品が多数輩出されています。 DCコミックだとスーパーマンやバットマンはリメイク作品も出ていて、マーベルだとアイアンマンやハルク、マイティ・ソ…

【黒歴史】中二病設定の教科書

どうも、呪われし一族の末裔・せいじです 皆さんに黒歴史はありますか? あの中学の時ノートに書いたクソ恥ずかしいポエムや、カッコいいと思ってやってためっちゃ痛い行動とかそういうの。 僕は絵に関しては黒歴史満載の中学時代を送っていたので、中二病設…

『F.COMPO(ファミリー・コンポ)』とかいう今こそ読まれるべき神漫画

前世も僕は男だったそうです! 前前前世は知りません。せいじです 「性同一性障害」って言葉、2000年代あたりからよく取り上げられるようになったよね! ほんでそれに伴って大っぴらには「オカマ」とか「オナベ」とかいう言葉は使われなくなった。まあアレだ…

【ベストバウト】『グラップラー刃牙』名バトルランキングTOP10

気付けば連載30周年にもう少しで手が届こうという勢いのバキシリーズ。 僕もこの漫画はかれこれ20年近く愛読しているんですが、それだけ連載してればやっぱり語り尽くせないくらい名場面があるわけです。 『グラップラー刃牙』『バキ』『範馬刃牙』『刃牙道…

『北斗の拳』のラオウが小物である3つの理由

『北斗の拳』というマンガはみなさんご存知ですよね? ケンシロウをはじめ、ラオウやトキ、シンやレイなど筋骨隆々で屈強な男たちが出てきてアタタっと敵を屠りまくるマンガです(雑) その登場人物の中でも屈指の人気を誇るラオウ。 その人気は日本漫画界に…

下ネタダジャレの宝庫!超面白いマンガ『カメレオン』を紹介

僕は下ネタで笑いを取る人が大好きです。 どんだけ好きかと言うとって話なんだけど……笑いの種っていっぱいあるじゃん? 例えば「謎かけ」。ねづっちとかがやってた「整いました!」って言ってる類のやつ。 アレって頭も使うし程度の高い笑いだと思う。 他に…

【ドドド】『ジョジョの奇妙な冒険』の思い出【ゴゴゴ】

長きに渡ってジャンプ系の人気漫画として名を連ねる『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ。 僕はこの漫画、大好きです。 ただ困ったことに、7部8部は読んでないんだよなぁ~~~!! こんなこと言うと「お前それでジョジョ好き語んな」と言われそうですが許して…

【アメコミ】『スーパーマン』の魅力について語る【映画】

みなさん『スーパーマン』は知ってますよね? 映画やコミックを見たことなくても、名前やあのコスチュームを知らない人はほっとんどいないと思います。 知名度だけで言うと歴史上の偉人なみだと言っても差し支えないくらい。 そして僕はそのスーパーマンが大…

絵がうまいと思う漫画家TOP10

絵を描く事は好きか? 自分が小さい頃は漫画=子供の読み物と言うイメージだった。一部の学術的内容の漫画は除くが、物語含む続き物なんかは完全にお子ちゃまのテリトリーだった。 それが今はどうだ。電車の中でもおっさんが普通に読んでるし、女子の話題の…

『ガンバ! Fly high』は体操未経験者だからこそ読んでほしい。超面白いから

スポーツ漫画・アニメっていっぱいあるけど、両方好きな作品って意外と少ない。 やっぱり原作の思い入れが強いとつい「アニメはクソ」みたいな意見も出ちゃうけど、ほんとは両方愛したい。 今回僕が語る「ガンバ」は両方に良さがあって、しかも未経験者でも…

意外と多いドラえもんへの3つの誤解

ドラえもーーーーーーーん!!!(テレレレレレ……) 僕はドラえもんが大好きです。 どんくらい好きかというと、小学校のころすでに「ドラえもんマニア」と呼ばれる程度に好きです。 そしてのぶ代時代の劇場版はVHSテープが擦り切れてデッキのヘッドに悪影響がある…

コロコロコミックの思い出を懐かしの漫画と共に語る

定期購読への目覚め 週刊や月刊雑誌を購読すると言う習慣がなかった僕にとって衝撃的な出会い、それが「コロコロコミック」だった。 それまでは小学館の「てれびくん」を何か気に入った表紙があったとき、年に3~4回購入していた程度。 あれは小学2年生のと…