にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【収入】こんな人はブログをやるべきだと思う3つの理由

スポンサーリンク

f:id:borncrash:20160516165214j:plain

豆腐メンタルの奮起

 僕は人生で何度かブログを書く機会がありましたが、所謂日記のような記事ばかりで何も書くことがない日は更新もせず、ついに放置状態になってしまったブログが5、6個あります。ちなみに1回100字以内のクソ日記ばかりです

 それでも今回のようにまたブログを書き始めたのは、やはり何かしらの表現者として自分と人とを繋ぎたい気持ちがあったんでしょうね。
しかも、その好きが高じて収入につながったりすればなお嬉しいですね。現時点では、このブログは月に1~2万円くらいの収益が出ています(プチえっへん)

 今回はそんな自分のように「チヤホヤされたい」「あわよくばお金欲しい」という承認欲求丸出しな人の表現意欲を刺激するようなまとめをしていきたいと思います。


1.何かしら自己を表現する場所がほしい

 容易な自己表現の場として手っ取り早いのは、SNSだと思います。
簡単に自分の写真や、思っていることを書いたり、人の写真なども見ることができます。

 mixiやFacebookなど、今ではたくさんのSNSが公開されていますが、こういった場所で政治的な話であったり、専門的な話はとても反応が薄いと思います。

そらそうよ、お友達の間柄なのにわざわざ揉めがちな話に首突っ込もうなんて思わないもん。
僕の友達がそんな話題をFacebookで展開し始めたら間違いなくブラウザそっ閉じ確定。

mixi・Facebook共にやっていますが、所謂「お友達との写真公開ツール」程度に考えています。
それは自分で作成したページでもなく、「個人として」相手に気に入られなければ見てももらえず、若干閉鎖的とも言えるから。

 自分で作ったブログページなら、好きなことを書けるし(当然法を逸脱するようなことは書けませんが)、基本的にはブロックされる要素などもありません。
そう、何書いてもいいの!! 炎上しようが何しようが、アカウントを理不尽に消されることもなく、自分のコンテンツを持つことができる。
しかももしその運営中に不都合が起きれば消しちゃえばいい。実名登録のFacebookだとそうはいかないよねーーー!!

Facebookの「いいね」とかで燻ってる場合じゃない!


2.人と話すときにうまく言葉にできない

 人と話していて、いざ大事な場面になると自分が思っていることを適切に表現する言葉が出てこない・・・
なんてこと、多々ありませんか?

 僕は特に、相手が難しい言葉を使って来たり、理路整然と話を振ってきたりすると、それに呑まれまいとアレコレ焦ってしまいがちです。
なんのことはない、自分の文章を組み立てる力が衰えてきているだけだったのです。

 10年前の自分であれば、屁理屈こねてでも、話を組み立てようとする気概がありましたが、「文章を書く」という行為から遠ざかってしまうと衰えの早いこと早いこと・・・

 乱暴に言えば「ボケ防止」といったところでしょうか。
物を考え、それを文字にするという行為はとても自分を鍛えているんだと思い知らされました。

続けている今なら「物事を上手く整理して考える力がついた」と間違いなく言えます。
やはり人間は自分を定期的にアウトプットしていかないとどんどん思考が沈んでいきます。その思考を拾い上げなきゃってことですね

例えば仕事のメール、会社の提出資料なんかにおいて「相手がどれだけ興味深く捉えてくれるか」という思考が身についてきます。
プロブロガーなど、「先生」はネットのそこら中にいるので学び放題です。読書より気軽にインプットもできるので楽しい
まあ書評なんかも多くて結局読書にも興味が湧いてきたりするけど



3.怪我しちゃって、満足に動けない

 はい、これはまさに僕のことです。
先日足を骨折して入院したわけですが、本当にやることがない。ヒマすぎ
かと言って、ボケーっとテレビを見ていてもなんの生産性もないわけです。

 病院内から、外界の色々な方々と交流するには、ブログというツールは最高の手段だったのです。
ノートパソコンのキーボードをポコポコ叩きまくって自分の好きなこと書くだけで何かしらの反応がもらえるわけです。承認欲求がウハウハ
もちろんワケわかんないこと書いてもそんなに評価がもらえるわけじゃあないんですが、一般常識を踏まえて自分の考えを述べるなりしてると、必ず自分の考えに呼応してくれる人はいます。
一番の奮起の理由は、実はこれだったりします。入院生活寂しかったんだもん



まずは始めてみること

 この記事はだいぶ多くの方々が当てはまったのではないでしょうか。

 SNS中毒者が増えていると言われる昨今、その情熱をもっともっと生産性のある方面にも活かせるようになってくれば、それは中毒ではなく立派な才能になるんじゃあないでしょうか。
僕はそう信じて今日もクソ記事だろうが何だろうが書き続けてます! ぎゃはは


エンド