にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

『ロックマンDASH 鋼の冒険心』とかいうPSの超名作

スポンサーリンク

はじめに

 ファミコン、64、セガサターン、PS等々・・・今でもゲーム機の進化は目ざましいよね。
特に2Dから3Dになり始めた頃など、「うおおおー!本物やんけ!!」とはしゃいでいたもの。
PS2が未だに現役の僕にとってはPS4などもうほとんど実写。だけど昔のゲームもそれはそれで面白いですよね。
僕はくにおくんの『ダウンタウン熱血物語』と『熱血格闘伝説』を狂ったようにやってました。
そして古くはファミコン世代から続き、いまだ新しいものが出続けている『ロックマン』シリーズは本当に大好きです。
その中でもプレイステーション屈指の名作『ロックマンDASH』を今回は取り上げたいと思う。




ゲーム設定• あらすじ

 はるか未来― 一度文明は滅び、人々は新たに繁栄しようとしていた。
その中で過去の遺跡を探検し、古代文明の遺産や貴重な資源を探し当てる人々は「ディグアウター」と呼ばれ、一つの職業として確立していた。

 主人公の少年ロック・ヴォルナットもその一人であり、パートナーであるロール・キャスケット、祖父バレル、サルのパートナー・データと共に行方不明であるロールの両親と「大いなる遺産」を探すため世界中を飛空船フラッター号で飛び回っていた。
ある日フラッター号に異常をきたし、カトルオックス島に不時着した一同であったが、島の街で空賊と呼ばれる一味の襲撃に遭遇する。なんとか一時は空賊を退けるロックらであるが、彼らと戦いながら島の遺跡を探検する間に、この島に大いなる災いが起ころうとしていることを知るのであった・・・


思い出

 フリーランニングRPGという当時は謎に満ちたジャンルで発売された本作ですが、実は体験版で既に少しプレイしてました。
当時『バイオハザード・ディレクターズカット』に同梱されていた『バイオハザード2(体験版)』の中に収録されていました。この頃ってやたら体験版多かったよね。FF7も体験版をプレイした覚えがあります。

 体験版のときは『ロックマンNEO』という名前だったので当然製品版も同じ名前だと思い、発売日にゲームソフト屋さんに走っていったのですが中々見つからず・・・「どこにも置いてないやんけ!」と店内を何度も駆けずり回り苦労した思い出が(実際の当時のパッケージも黒地にワンポイントで地味だった)。
ただプレイ感は体験版で知っていましたが最高。プレイスタイルはロックマンよろしく特殊武器や特殊パーツを駆使して強敵を倒すという感じで、その中に街の人と話したり、武器を購入するRPG要素が入ってんの。

 何と言ってもゲーム全体の雰囲気が良い。BGMなどもノスタルジックな雰囲気を活かしつつスチームパンクな敵メカの作り。ディグアウトする遺跡の個性的な仕掛けや隠し武器など、やりこみ要素満点だった。アイテムに「エロ本」があることが衝撃だったわ。でも海外版では「マンガ本」に修正されている模様。もったいないなあ

 発売当時はコロコロコミックなどで一部特集されてたんだけど特にそれ以上は話題にならず、売り上げもロックマンシリースの中では思ったほどではなかったようです。あのホビー流行の源であるコロコロコミックに掲載されたのに!! 良いゲームが売れるとは限らないという典型だったな。

 でもそれから長い時を経てジワジワとファンを獲得し、今ではプレステの傑作特集の中にはよく挙げられるほどになっちゃってさ・・・ファンとしては嬉しいばかり。ちなみに続編「2」も作られてて2010年あたりに「DASH3」の計画もあったんだけど色々な事情があり中止になったみたいで、折りしも開発中止となったのは僕の誕生日7月19日だったのです。悲しいなあ・・・

 当時凄く印象に残った宣伝文句は「等身大の出会い、予想外の展開 鋼鉄の宝島に今、始まる大冒険活劇!!」だね。パッケージ裏に載ってたんだけど、本当にウキウキワクワクが止まらない素晴らしいキャッチコピーだわ。あんまり売れなかったけど

 このゲームで主題歌を歌っていた森下玲可さんは超有名! という感じではないですが今も歌手を続けていらっしゃるようです。エンディングの「あなたの風が吹くから」は本当に名曲で今でもよく聴いてます。


難易度別にアホほどやった

 このゲーム、難易度は最初「ふつう」だけなんだけど、クリアすると「むずかしい」が出て最後に「かんたん」が出るの。
何でかって? 何でだろうね。難しいモードクリアできたやつに簡単はいらんやろ・・・と当時から思っていた。 「かんたん」は最初から最強の武器が装備された状態でスタートできるというどっちかっつーと難易度よりアイテム出現イベントっていう認識だったな。

 しかしゲーム難度は途中が一番高く、敵から自軍エリアの味方を守るミッションとかはマジで苦戦しまくった。
そんなんだからクリアした時の喜びは半端じゃなく、何度も何度も猿のようにプレイする日々なのであった。

今はPSPに移植されて携帯プレイできるみたいね。今ハマってたら廃人になってたかもしれん・・・