にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

お風呂の鏡のくもりを撃退!おすすめ対策グッズを紹介

スポンサーリンク

f:id:borncrash:20160616195334j:plain

顔が見えないよ!!

 風呂場の鏡ってすぐにくもっちゃいますよね。湿気に水垢、石鹸カスなど、家の中では割と苛酷な環境にありますからね。
わが家も最初は少し拭いたりお湯をかければ大丈夫だったんですが、使っていくうちにすぐくもるようになってしまい、最終的には水垢も相まってすりガラスのような鏡面になってしまいました。ここまでくると、鏡がある意味が分かんないよね。

映りが悪いとシャワーをかけたら、今度は水滴で顔が見えない! 何もしなけりゃくもって見えない! もう八方塞がり

 今回はそんな鏡のくもりを抑え、快適なシャワーライフを送る方法をご説明します。
※この方法は、親水コートされた鏡には使えませんので注意!




鏡がくもる原因

 お風呂でモワモワっとわきあがる湯気が鏡に付着し、その水滴の集合が視認できるくらいになると「くもり」として認識されます。すりガラスの目がどんどん大きくなっていく感じですね。
それを防ぐには同じ水で鏡全体に膜を作ってあげればいいのですが、水垢等が付いた鏡だとその水も膜を作る前に弾かれてしまいます。もともと水自体が流動性が高いので垂直に設置された鏡に膜を作ることに向いていません。

 この記事ではどうそれに対抗するかを考えます。


まずはお掃除!

 鏡のくもりを抑えるグッズはたくさんありますが、まずその鏡が汚いと効果が下がってしまいます。
グッズの効力を最大限に活かす為に、ダイヤモンドパッドで水垢を極力落としましょう。

ダイヤモンドパッドで掃除するだけでかなりきれいになります。
というか、それほど深刻でない鏡のくもりならこれだけで結構事足りちゃうレベル。


選択肢1:リンスを塗る

 お掃除が終わったら今度は曇り止めグッズの出番なんですが、身近なものだと「リンス」が使えます。
コンディショナーなんかも同じく使えるのですが、要は髪に薄い膜を作るように鏡にもリンスの膜を作るようにするわけですね。 「膜を作る」という意味ではサラダ油なんかでも代用できるのですが、そもそもお風呂向きじゃないし、親水性の低いものだとシャワーの水を必要以上に弾いて逆に視界が悪くなります。理想はシャワーから弾かれる水も極力弾かない対策を立てること。
ならばシャンプーでも良さそうですが、シャンプーは汚れを洗い流すものなので泡立ちも邪魔ですし水をかけるとほとんど流れてしまってうまく鏡に膜を作れません。

 ということでちょっとくらい鏡を流しても成分が残るリンスがベストの選択になるわけです。


選択肢2:くもり防止フィルムを貼る

 これもかなり効果的な選択肢です。フィルムの耐久性は年々上がっていますのでまず半年はメンテナンスフリーです。
しかしその一方でフィルムを綺麗に貼ること自体が大変で、且つ鏡の大きさに対して効果の及ぶ範囲も小さくなります。
大きなタイプを買えばいいのでしょうが、そうすると余計貼るのが大変に・・・鏡に映る像が歪むことがあるのも見逃せません。

 総合的に見ると労力と効果がそれほど合っていないのかも・・・というのが正直な感想です。


選択肢3:曇り止め液を塗る【おすすめ】

 これは最初に紹介した「リンス」の強化版です。現在我が家はこれを採用していますが効果は抜群です。
効果の持続時間としては2ヶ月そこそこというところですが、切れたらまた塗ればいいだけなので簡単です。
容器自体に塗るスポンジがくっついているので鏡に当てて上下左右に動かして液を伸ばしていくだけでとても手軽です。

 目立ったデメリットも無いのでこれが一番オススメの方法ですね。


まとめ

 我が家を地味にずっと悩ませてきた風呂場の鏡の曇り。意外とあっけなく解決することができるんですよね。
みなさんも曇った鏡をそのままにせず気持ちよくお風呂を楽しみましょう。