にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

本当に危険なサメはジョーズではない! 真のマンイーター(人食い)とは

スポンサーリンク

f:id:borncrash:20160617172913j:plain

はじめに

 これから海水浴のに向けて徐々に色々な浜で海開きが行われるのですが、映画の『ジョーズ』を見た後は海で泳ぐのがとても怖いものでした。
だってホホジロザメですよ? あんなデカイのが大口開けて迫ってきたらもう絶望しかありません。 しかし人間にとってホホジロザメより更に危険な種がいる事はご存知でしょうか?

 その名は・・・「イタチザメ」




イタチザメとは

 英名はタイガーシャーク。
Tigershark3


まだ個体が幼い頃にはトラのような縞模様があり、成体になるに連れて徐々に消失していきます。
わりと大型化する種なので3~4mあたりがサイズの平均値のようです。性格は好奇心が強く獰猛で、なんでも捕食しようとし ます。歯はノコギリ状で釣り針の「返し」のように胴体向きに生えています。噛みついた対象の脱出が困難になるような仕組みですね・・・
Tiger shark teeth


北極や南極などの極地を除いては世界中の温帯•熱帯の海にすむ。宮古島や石垣島、沖縄などで被害が多い。


とにかく何でも食う

 最近の研究で、ホホジロザメが人間を襲うのは、よく狙うアザラシなどと勘違いして、と言うのを目にします。 確かにアザラシより食べるところも少なそうだし、衣服など余計な装備もつけてるし、よほど刺激でもしなければ襲う気にもならな いのが人間と言うことです。

 ただイタチザメは何でも食べます。人間はもちろんのこと、食えそうに無いプラスチックさえ口に入れたりします。好奇心の強いが故の行動なのですが、人間にとってとても厄介ですよね。
「水中じゃサメには勝てないから大人しくしてやり過ごそう」作戦が通じないのだから! 山のクマよろしく死んだフリをしていてもガブーみたいな感じですね。


膝くらいの深さまでやってくる

 サメって海の深い部分から海面の動物を襲う印象がありますよね。
よくホホジロザメなんかの映像を見ると海面からグワッと顔を出して仕掛けた餌を貪り食う感じですが、イタチザメは違います。
なんと膝くらいまでの浅瀬、即ち水深40~50cmくらいまでやってくるのです!

 サメの襲撃とは無縁と思われる浅瀬で遊んでいたところをガブーなんてこともあるわけですね。しかもこのサメ、濁った水域に好んで移動するので気づいたときには日の前にいたりします。怖っ!
だからと言って深い場所にいないというわけではなくて適応力も高く、他のサメ同様沖合いの深い海でも発見されているようですね


しかし、夜行性

 はい、ここで少し安心していただけたと思います。イタチザメは夜行性なので基本的に真昼間の遊泳で遭遇する可能性は低いです。
可能性が低いということは「絶対」ではないし、濁った水を好むと言うことは光を遮られた環境では昼でも活発になる可能性があります。


まとめ

 なんでしょう、めっちゃ大きなティラノサウルスより、そこそこ大きな肉食恐竜(デイノニクスとか)のほうが怖いって理屈ですかね。
ここまで怖い怖い言いましたが日本の管理された遊泳場ではまず出会えませんので大丈夫です。
ただ海外などの天然の海水浴場や日本でも遊泳を禁止されている場所、管理の行き届いていない無人の海岸などではその限りではないので十分気をつけましょう。というか、泳いじゃダメ!

 君子危うきに近寄らず。僕は大磯ロングビーチのプールで十分です!笑

⇒大磯プリンスホテル ご予約はコチラ

世界の美しいサメ図鑑