にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

『ベイマックス』とかいうツムツムも本物も一緒な映画

スポンサーリンク

なんだこのモチモチしたやつは!!

 ここ数ヶ月、ズートピアの公開でディズニー映画の浸透率が更に上がってきたね!
元々は「女の子が見る可愛い映画」というイメージでしたが印象が変わってきました。そういう話の中で良い意味で裏切られたのが『ベイマックス』ですね。あのプニプニふわふわモチモチのボディーに優しさと科学技術が詰まってます。

僕はガンダムやトランスフォーマーなんかのロボット好きではあったんだけど、この作品で「こんな見せ方もあるんだな」と感心しました。新しいロボット像の確立ですね。ぷにぷに

⇒『ベイマックス』をネットで視聴する




あらすじ・概要

 サンフランソウキョウという街に住む少年ヒロ・ハマダはロボット工学の天才的な才能を持ちながら、非合法であるロボットファイトという競技で日銭を稼いでいた。
ある日兄であるタダシに連れられ彼の通う工科大学に行くのだが、そこで尊敬する人物であり兄・タダシの恩師であるキャラハン教授に出会う。

 ヒロの才能に光るものを感じた教授は、ヒロの向上心を刺激する。程なくして大学入学に関わる重要な発表会への参加を決めたヒロは、「マイクロボット」という指先ほどの大きさの小型ロボットを開発する。
神経トランスミッターという「思うだけ」でその通りに動くリモコン装置で大量のマイクロボットを変形させ、あらゆる動きや形、果ては建物までも作り上げることができるマイクロボットは、まさに夢の技術であった。
発表会の結果は当然大好評で、ヒロの前途も明るいものだと誰もが思っていた。

 だがその矢先、発表会会場で火災が発生し、ヒロとタダシは辛くも脱出するのだが、建物内に取り残されたキャラハン教授を救うため救出に向かいタダシは命を落としてしまう。
大学への入学はめでたく決まったヒロではあったが、兄を失った虚無感で鬱々とした日々を送っていた。そんな時、タダシの開発したケアロボット・ベイマックスが動き出した。

 時を同じくしてヒロが開発し、偶然自宅に置いていたマイクロボットの1部も動き始め、不審に思ったヒロだがそれ以上は意に介さずその追跡を一時はベイマックスに任せるのだが、結局は共に探すこととなる。
追っていくと、とある倉庫の中でマイクロボットが大量生産されており、それを目撃したヒロとベイマックスに仮面を被った男の操るマイクロボットが襲い掛かる。

その場を何とか切り抜けた彼らであったが、果たして敵の目的とは一体・・・?

www.youtube.com




まずはその姿に萌えろ!!

 ふわふわもこもこモチモチした可愛いロボットと少年のふれあいを描いたほんわかムービー! を想像していた人は面食らうと思います。
でもとりあえずそこはいい!! まずはCMや予告で見たようなあの愛らしい姿はあのままだよ! 安心して!

 なんか動きも早く動けないの。自分で「早くは動けません」って言っちゃってるしね。
ヒロが命令する。「パンチして!」ポコン 「キックして!」スカッ!(届いてない) もうね、なんなのこいつ!! 可愛すぎるやろ!!
人間の健康を守る立場であるケアロボットなのに、このイノセント。
それでいて泣いている人を見ると抱き寄せて、包み込んであげるこの包容力もとい抱擁力・・・こんな子が家にいてくれたらなぁ。
見てるだけで心が浄化される感じ。ベイマックス、お前は俺が守る!!(錯乱)




一人じゃないから(涙)

 問題はストーリー! おいおいお・・・CMと違うじゃないですかディズニーさぁあぁ~~~~~ん!! 身構えず見ていたら、なかなかハードな展開になるし、ベイマックスも改良されてよく動くようになるし、思ってたのと違う・・・ですが僕にとってこれは良い裏切りだったね。やっぱりロボットは動いてナンボ! まあ動かないベイマックスも好きだがな! 両方愛すよ俺は!

 一言で言うと前半は「かわいい」で後半は「かっこいい」ですね。しかしストーリーの振れ幅も良い感じで、出てくる仲間たちもパンチの効いた個性的な仲間ばかり! 中でもフレッドとか言うオタクは学生でもないくせに大学の研究室に出入りするという超絶暇人ロイヤルニート。羨ましいぞこのやろおおお!!
でもコイツの打算的じゃない優しい一言は言われると嬉しいんだよなぁ。やっぱり俺フレッド好きだよ!!

 途中はそんな感じのクソいい加減な仲間たちに囲まれながらもみくちゃされるヒロなんだけど、最後はホロッと泣かせてくれます。僕の場合はガチ泣きでしたが・・・
だってズルイやん。たとえ映像でもタダシ兄やん出してくるなんて。というかタダシがぐう聖すぎて非の打ち所が無い。
ベイマックスを開発したのは人の健康を守るためだって? 大学生でそんなこと考えてるなんて・・・ひょっとしてお前40代やろ!

んでなんでな、最後はベイマックスがロボットものでありがちな「早く行って下さい」みたいな感じでヒロを守っていなくなっちゃうの。何コレ・・・何コレ!!
やめろよー・・・ロボットってそういうとこズルイよな。
なんであいつらって壊れる瞬間「ありがとう」とか「サヨナラ」とか心に刺さること言ってくるの?? 何なの? IME故障してるの?
最後に自我に目覚めたような演出とかもうね・・・お腹いっぱいなんだよ!!(涙)

 いいんだ、全然いいんだ。ここまで言っといてベイマックス、お前にはなんの文句もないよ。だって俺はお前が好きだから! ああ、お前は最高さ・・・!

 エンディングに流れたAIの「Story」も良い感じにマッチしていて、個人的にそれまでのディズニー映画の中では一番の出来だと思ったよ。
本作と最新作のズートピアはどちらも良くて比べられないけど・・・

 つまり両方見ろってことさっ!!

↓ズートピアレビュー↓ www.nichi-petit.com