にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

剣道の試合でガッツポーズ! やっぱりやらない方が良いね

スポンサーリンク

f:id:borncrash:20160630175525j:plain

はじめに

 オリンピックや国際大会など、日本の武道が競技に取り入れられ、僕らの目に触れることが多くなったのはとても喜ばしいことだと思います。
柔道や空手などは、世界でも競技人口が多く、異種格闘技などでも目ざましい活躍を見せています。

 そんな中で剣道はこれらと若干毛色が違い、まだまだ世界に向けて成長中であります。
「世界的な競技として馴染み難いのではないか?」という理由として「ガッツポーズの禁止」と言うのがあります。
なんと相手に1本で勝利して「よっしゃ!」と手を挙げて(たとえ小さくても)喜んでしまったらその一本が消されてしまうわけです。
もちろんこの理由には諸説ありますが、今回は僕なりにこのガッツポーズ禁止の理由を考えてみました。




真剣勝負であること

剣道とは、竹刀で対峙し有効打を相手にどれだけ決めるかを争う競技ですが、本分は「真剣勝負」です。
竹刀ももちろん「真剣」を模したものであり、相手とは覚悟を決めて立ち会うわけです。

 いかに面打ち技術が真剣と違いスポーツ化しているとはいえ、根っこの部分は「武道」であり、その源流は戦場なのです。
ということは真剣で決闘し相手を負かす=相手の「死」をもって試合が決すると考えるならば、相手を殺めていて「よっしゃ!」はないですよね。
少なくとも自分と命を懸けた立会いに臨んだ相手に対しては敬意を払うべきだと僕は思います。

 そう考えると剣道は武器を模した竹刀を使用することにより、他のどの競技よりもその「戦場」という考えを色濃く残した武道であることが伺えます。
これがガッツポーズを許さない一番の理由だと感じました。フェンシングや海外の剣術などは、日本と違う発展を遂げていると思うのでそこで認められていれば大丈夫でしょう。


相手への礼節

 「礼に始まり礼に終わる」という言葉は、剣道が起源だと言うことです。
勝負をすれば、結果勝者と敗者に分かれます。競技においても前述の精神を胸に「勝者は驕らず」という理念があることで観客にもヤジや罵声はほとんどないそうです。
そういった精神性の高さが剣道に備わっていることは誇りではないでしょうか。
これは世界大会、オリンピック競技に導入されてとしても、礼節を重んじる「古の日本人の誇り」として受け継いでほしいと思いますね。

 じゃあ勝負が終わった後のメダル授与はどうなんだという話になりますが、そこは現代スポーツと古武道との融和でしょうね。
且つ、勝負のその瞬間とは離れた場所での行事なのでそこまで目くじらを立てるべきではないかと。その中で譲れないのが「勝利の歓喜を表す」という部分であっただけだと僕は思ってます。


まとめ

 ガッツポーズ自体が「悪」ではありません。しかし、それは時と場所によるものであり、適材適所。
剣道と言う古の「武道」の色が濃い者に関してはふさわしくないと言うだけです。
数多ある競技を大局的に見て、これも競技の「個性」と言うことで存続していくほうが良いと思います。