にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【体験談】実行して人生が変わった4つのプチ習慣

スポンサーリンク

f:id:borncrash:20160702192200j:plain

一体何やれば良いのよ?

 自分の人生は自分で切り開くもの・・・そんなことは分かっていても具体的に何をすれば自分の思う道を歩めるかなんて分からない。
小さなことからコツコツとやっていこうにも、それが自分の思ったほど効果がなければガックリ来ちゃうし、人生の中で成長には試行錯誤が必要とか言うけど、やっぱり有限である以上は少しでも自分のためになることに時間を割きたいよね!

 そら誰だって「一日に腹筋30回を1ヶ月やれば彼女できるよ!」っつったらやるっしょ? 「一日で30人に挨拶を1年間したら10億円」だったら自分がコミュ障でも頑張っちゃうでしょ?

でも現実はそんな明確なゴールは作られていない。話の分からないヤツだ。
そうなったら、誰かの体験談や、成功談を聞いて自分で取捨選択して実行してみるしかない。現実って本当に厳しいよなぁ。

 なんてやいのやいの言ってもしょうがないので、今回は僕が意図的に習慣としていることで「やっていてよかった」と感じたものを紹介するよ!




ニコッと笑顔を見せる

 コンビニのレジやビルの受付、人に話しかけるとき等々・・・一瞬でもいいので少しだけ口角を上げて話しかけてみてください。
そうすると相手の緊張も多少解け、フレンドリーに話しかけてくれるよ。これをやっていて良かったことは、店員さんなどはお客さんの笑顔で大分気を良くしてくれて、対応なども親身にやってくれるんだ。
当たり前ですが、敵意でもない限りブスッとしているより笑顔で話しかけてくれたほうが嬉しいもんだよね。

 笑顔というのは本当に不思議なもんで、相手が笑顔で語りかけてくれたらこっちも自然と笑顔になってたりするんだよな。ニヤけてるのとは違うから気をつけてね!

なかなかやる人がいないのは、自分からこれをやるのが最初は恥ずかしいだけで、慣れれば当たり前になるので鏡で笑顔の練習などもやってみて!
初めて会った人にも「笑顔が素敵ですね」と言われ、以前より社交性も上がりました。


暇なときものまね

 テレビの有名人や、身近なところだと犬猫などの動物のものまねをします。
普段ってよほどお喋りでもない限り声を使う機会も少なく、また日本人の声の出し方って喉声で響きが少ないらしい。
外国人から聞いた感じだと「マシンガンみたいな感じ」に聞こえるんだと。「バババババッ」って感じかな。
この声の出し方って、喉に負担がかかる上、相手にも声が聞こえにくい(聞き取りにくい)っていう、損ばっかりの発声方法なんです。もうね、5分10分話してれば喉は疲れてくるし、声もどんどん小さくなるんで使わないことをおすすめします。

www.nichi-petit.com

 ほだもんで、いろんな声を暇な時にまねしていると、自然と色々な声の出し方がわかってくるよ。僕の場合は「練習」と言うより「遊び」感覚でやってるけど。だって練習って体だとだるいじゃないですか。「やんなきゃ!!」とかいう気合はゴールなしにコツコツ努力できる人間に任しとけば良いの!

 だから最初は似てなくてもいいんです。できるだけ具体的にものまねの対象が「どんな声の出し方をしているのか」というのを考えながらやるだけで少しずつ似てきます。ものまねのプロのように完璧は無理かもしれませんが、自分が目標とする言い声には確実に近付けるはず。まずは半年、暇なときにのんびりやってみてください。うまくいけば1ヶ月くらいで結果が出る人もいるよ! 僕はそのくらいかな!
それを続けていたら会社などでも「良く響く良い声だね」と褒められたりしました。声って、使わないとどんどん退化するからなあ。
僕自身も、話し相手の声が良いと聞くのが楽しいです。


人の話を最後まで聞く

 これは習慣と言っていいかどうか分かりませんが、人が話している間は極力最後まで聞くようにしてます。
裏を返せば「人の話を遮らない」ということ。以前の僕は悪癖の一つとして人の話を遮る癖があったので、「君と話すと疲れる」と言われたことがあります。
その言葉に反省し、できるだけ人の話を聞くように努めました。そうすると人の話の「聞き」に徹することで相手の意見の趣旨やおかしいところなどがきちんと見えてくるようになりました。

 なので反対意見などを述べるときも、相手の間違っていることを的確に指摘できますし、逆に相手の求めていること、言いたいこともしっかり酌んであげることができるようになりました。

 話を遮る人って、結局は自分の言いたいことばっかり優先したがる身勝手な人間だと思われるし、物事を自分の思い込みで片付けようとする思慮の浅い人だと思われるんだよね。良いこと全然ないじゃん!
この癖って、自分では全然意識がないのにやってることがあるから、本当に注意しとかないと腹を割って話せる友達も減っていくからね。聞くスキルって、大事。 そのおかげで「君はしっかり話を聞いてくれるからなんでも言いやすい」という当時とは真逆の評価をもらえるようになりました。わーい!


ブログを書く

 今まさに実行しているこの習慣。現在は1日あたり1記事くらいのペース。
自分としては無理のない範囲でやってるんだけど、何が良かったか? それは「知識が増えた」ってとこかな。
自分が書こうとする記事の裏づけを得るために、ネットや書籍など色々な情報を集める。
そうすると自然と自分が欲しがっている以上の情報が目に飛び込んでくるんだ。ブログをはじめるまでの僕の人生の全知識を数値にして100だとするとこのブログを書いている時点で120くらいになってる。(体感)
すごいよね、この2ヶ月で1.2倍になってるなんて。体感だけどさ。

www.nichi-petit.com

 あとは少ない額ではあるけど収入が発生したり、文章を頭でまとめる力がアップしたり、生きていく上で重宝するスキルがいっぱい詰まってると思うよ!
そしてその書くネタを探すため、常にアンテナを張る。そうすると物事の機微にもしっかり気づけたりするし、今までチャンスだと思えなかったことも「チャンスだ!」って利用することができるようになる。
人との会話の引き出しもいっぱい増えるよ! やったね たえちゃん! 文章を書くってすばらしいよ。


まとめ

 どれも文字にすれば特に驚くようなことでもありません。
しかし言うは易し、行うは難し。今まで自分が育ってきた中で獲得してきた「プライド」や「怠惰」が邪魔をしてなかなかできないことでもあると思います。

 しかし一度慣れてしまえばいずれも苦ではないし、人生の大部分を割いてやるものでもないので、今の自分の人付き合いにモヤモヤしている人は試してみてください。