にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

後輩にナメられないようにするにはどうしたらいいの?

スポンサーリンク

f:id:borncrash:20160711163417j:plain

先輩(笑)

 学校や職場で必ず訪れる行事、それは自分が「先輩」になること。
世代交代と言うのは別に職場なんかに限ったことじゃないけどサイクルは職場や学校ががダントツに早いよね。
大概は先輩として後輩を指導したり、見守ったり助言する立場を担うわけだけども、どうしても後輩に慕われない先輩っているよね。

なんでだろ? 別にいじめてるつもりもないし、普通にしてるのに・・・

 そんな風に思っていても後輩の目からそう映るとは限らない! 今回はそんな職場の「ヘタレ先輩」がやりがちなことを考えてみるぜ。




上司に怒られることが多い

 コレ相対的な事象でもあるんだけど、職場でしょっちゅう怒られてる人いるでしょ?
怒られる原因は様々だけど、一般的に「怒られる=仕事ができない人」な図式が成り立つわけだ。
職場に来てる以上は仕事がメインのミッションなのでそれができない人は人望も集まらない。
せめてバリバリ仕事ができなくとも「怒られない」レベルまでは上げなきゃいかんのだ。

「あの先輩いつも怒られてる(笑)」
仕事の「し」の字も知らないジャリンコにも絶対こんな風に思われちゃうから!

 怒られて、言い訳して、しょんぼりしてる様じゃ先輩として最悪。
職場どころかその「人間力」まで疑われかねない、まさに「ヘタレ先輩の鏡」である。
んなこと言っても「怒る」なんてのは上司のさじ加減一つでどうにでもなることもあるよね。
そんな時はその怒られた内容をいかにうまくリカバリーするかが大事。

「コラ! この書類間違ってんぞー!」言われて「えーと・・・それは・・・僕だけが間違っているんじゃなくて・・・」
みたいな女々しさ満点の返答じゃなくて「はい! すぐ直します!(ショルイカキー)」みたいなエンジンのかかりやすさは尊敬に値する点の一つですね。


やたら虚勢を張ってくる

 「俺は先輩だぞ? 年上だからな? 偉いからな?」こんなことを日常会話の随所に埋め込んでくるタイプですね。
おのアピール方法も様々で、「この仕事は俺がいないと回らない」や「若い頃やんちゃしてた」など、職場のキャパを超えた武勇伝まで語りだすこともしばしば。

自分から言わず人からそう言わせることで初めて効果があることなのに、自分の口からおおっぴらに語るもんだから、後輩からは「ハイハイ、スゴイっすね(笑)」と思われてます。
後輩に対して暗に「褒めて褒めてオーラ」を出すことで向こうは「ガキっぽい人だな」と認識してしまうのでこういった自慢はNG!

 あとは、異性の後輩への異常なアピールもダメ。
彼氏彼女を探しに入社しているわけじゃないので、そんな過剰なアピールでカッコつけられたりしても困ります。
「先輩のくせに会社に何しに来てるんだろう?」と新入社員からダメ出しなんかされた日にはもうお前は荷物まとめて国へ帰れ!

 最初は「会社の先輩の一人」としてしか認識されないのであなたのプロフィールを無理やり植え付けられても鬱陶しい対象でしかないことは自覚するべき。
時間をかけてあなたの人間性を知ってきた上での気付きならば向こうも「へぇー、こんな一面があるんだ」という感じ方をしてくれるかもね!


大多数の同僚と仲が悪い

 「俺以外の同僚は下郎!」みたいなサウザータイプは、いかに能力が高かろうと後輩には慕われません。
というか、自分が後輩だったらこんな扱いにくい先輩のところにわざわざお世話になりに行こうとは思わない・・・
大体はその前に「あいつには関わらないほうが良いよ」と他の先輩に耳打ちされて終了。ぼっちはぼっちのままなのだ!!

 職場の人間関係と言うのはプライベートよりも格段に面倒なことが多いですが、「仕事は仕事」と割り切ってなるべくは同僚とも仲良くしておきましょう。
大人にもなって、「先輩、友達いないんすね(笑)」なんて言われていいのかよ!!


先輩の威厳ってどうやって保つ?

 こんなのは、「何をやったから慕われる」なんてテンプレはありません。瞬間最大風速だけで自分が他人に理解されることなんて、他人同士ではないに等しい。
常日頃の真摯なやり取りや、思いやりの心が後輩の目に少しずつ触れてこそ、「ああ、この先輩ホントいい人だ!」と慕ってくれます。

そして「余裕」を持つこと。大人な人って余裕があるじゃないですか。
ちょっと後輩に生意気なこと言われたくらいで過敏に反応する人は、「器ちっちゃ!」と思われる。
いちいちピリピリせずに、スマートに仕事を片づけたり、後輩と話せる人って素敵です。

そのためには自分が後輩だったころを思い出し、先人がどんなアプローチで自分との関係を築き、今に至っているかを考えること。
悪い先輩のマネなんかすると、愛想つかされて「ヘタレ先輩」の烙印を押されちゃうぞ!