にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【脛骨・腓骨 骨折】骨折ダイアリー Vol.6

スポンサーリンク

↓前回までの骨折ダイアリー↓

www.nichi-petit.com

嵐の前の静けさ

 2016年5月3日 7:30

 朝の光は素晴らしい。こんな動物園状態の病院でも俺はそう思う。
骨折した身ではあるが、早寝早起きで健康的な生活をしている。皮肉か

朝日を浴びて起床し、昼は書を読み、食事はバランスの取れた栄養食。まずいけど
足以外の体は内臓たちも合わせてみんな喜んでいることだろう。

あいつらさえいなければ・・・

ボチャ子! 院長! おまえらだよおおおおおお!!



「せいじさん朝食ですー」

相変わらず頭が痛くてあんまり食べれない。頭痛くなくてもまずいのに!
それでも治すためには食べなきゃ! 頑張って口に運ぶ。


「うぐぅ!」

変な声を出しながら頭に手を当てて食べる。あーもう限界
結局半分くらい食ったところでベッドに横たわる。頭が痛くて本を読む気にもなれない。

だがこれが危険!


ベッドにだらりと横たわるだけの時間は、どうしても余計なことを考えてしまう。
ましてや、今はゴールデンウィーク。

ざわ・・・ざわ・・・

くそっ! ざわめきやがる・・・!

ああ、俺がこうしてる間に世間のみんなは汗を流して金を稼いだり、どっか旅行に行って楽しく過ごしてるんだろうなー


ああ、俺がこうしてる間に会社の仕事溜まってんだろうなー


ああ、俺がこうしてる間に病院のクソ高い部屋代がどんどん積み重なっていくんだなー


ああ、俺がこうしてる間にゃああぁああぁぁぁああぁぁあああん!!!!


くそおお! ただ横になっている間は余計なことしか考えられない。 自分のことは割りとポジティブシンキングだと思ってたんだけど、こんな環境じゃな・・・



はっきり言って一番タチの悪い部類のウ○コ製造機だ。
働けず、歩けず、食べる口だけは達者に動く! ちなみにトイレは、一人で行けないんだぜ!!

もうプライドズッタズタ。べジータも泣きながら「ヤダヤダ」ってぐずる程度にズッタズタ
今まで本気出せば自分一人で何でも出来ると思ってた。人間死ぬ気になれば、何でも出来るもんだよ! 死なないから。とか思ってた

でも今の俺は本気出しても一人でウ○コすら出せない!!! わああああああん!!! にゃあああああん!!!

こんなことを1時間だか2時間だかずーーーーっと考えてた。わあー! 無駄っ☆


でもな、おっちゃんもな、大変なんよ。ここ数日色々ありすぎてな、脳みそが混乱してんねん。すまんな

泣き言も、弱音も、横たわっとるとドバーッと流れ出してくんねん。すまんな

すまんな・・・すまんな・・・



と一人懺悔していると看護師さんが点滴の交換にやってきた。


おお! 今日は担当がボチャ子じゃない!!!!
こんなことで元気が出るのも情けないが、本当にボチャ子の仕事の雑さは筆舌に尽くしがたい。
他の看護師さんの包帯交換や点滴交換が高級ホテルのルームサービスに思える程度には違うぞ!
腕グイー包帯グイー腕ポイーだもん。いてぇよ!!!!

あいつの点滴は点滴じゃない。天敵だ


そんなことを考えている内に今日の担当さんの点滴&包帯交換は終わる。ブラボー!
本来点滴交換に痛みを伴うこと自体がおかしいんだよな。うん



そんな折に母親から電話がかかってくる。お? 心配してくれてるのか?

・・・と思ったら、弟とのケンカの愚痴だった。


おい!!!!!!

と思ったが向こうは向こうで地震(実家は熊本地震で被災した)で大変なので家族もメンタルが不安定なのだ。
骨折に(実家が)地震に・・・2016年は色々悪いことがあるなあ。


ただ、実家の被災は一番震度が大きい部類(震度6~7)だったにもかかわらず、親戚一同誰も怪我がなかった。それだけは本当に良かったと思う。
地震が起こったと思ったら、親戚一同が集まっている仲良しLINEグループに鬼のように地震情報(主観)が投稿されてたからね!

そんなこんなでひとしきり愚痴を聞き終えて電話を切る。何か今日は色々考えすぎて疲れた・・・


だがこんなことで挫けないボキ!
愚痴とはいえ家族と話すことで少しは気が紛れたのか、筋トレをはじめる。


主治医の先生いわく、骨折している部位以外はギンギンに健康なので動かしまくって良いらしい。
俺は早速上半身をいじめ抜くことにした。

使うのは嫁が自宅からもってきてくれたゴムチューブ。緑色で、なんか青ネギみたいなトレーニング用具だ。
こんな殺風景な部屋では気分も乗らないので、音楽を聴きながらやる。もちろん曲は「ロッキーのテーマ」だ。


「フンッ!! ・・・フンッ!!」

スタローンにでもなりきって声を荒げながらベンチプレスっぽく腕をグイグイ押し上げる。相部屋だったら絶対出来ないことだぜエイドリアン!

途中汗で手が滑ってゴムが自分のところにバチンッ!! ってなったりして痛い思いもしたけど、充実した30分ほどの出来事であった。
ゴムのバチン!! で「ゆーとぴあ」という言葉が浮かんだあなたはおっさん確定です。



・・・と思ったら消毒の時間。


担当は・・・





ボチャ子。ええええええええ??

今日は今朝の人が担当だって言ってたのに・・・忙しくてヘルプで来たのかな?

こいつの場合俺がヘルプ! って言いたいくらいだわ。チクショウ


やっぱり包帯外すとき雑。少しずつ傷は治ってきてはいるけど、まだ血や膿は出てる。
それを何も言わず無愛想な顔でベリッ! ってはがすんだもん。足もグイグイ動かすし・・・まだ術後間もないんだから心の準備くらいさせてくれ!

ただ今回はさすがに嫌だったから、同フロアの受付の看護師さんのところに行って話した。


「すいません、ある方がとても包帯の交換とかが雑で痛いんです・・・」

「え、そうなんですか? なんていう名前でしたか?」


あ・・・そういえば俺、ボチャ子の本名知らねえわ・・・
名札もちゃんと見てないし、これは失敗した。


「えーと、名前を覚えてないんですよねー・・・強いて言うなら、顔の左側に大きな痣のある人かなぁ。」

「あー・・・太ってる人?」

割とぼかして伝えたつもりなのに意外と直球な特徴を示してくるもんだ。ちょっとびっくり

ただ、この病院太ってる人も意外と多かったからなあ。とりあえず「そうです」とだけ答える。
まあ、あとは担当記録とかで分かるもんだろ。と


「わかりました。もうちょっと丁寧にやるように伝えておきますね。嫌な思いをさせてしまってすみません」

「いいえ、ありがとうございます。こちらこそ急にすみません。」

これで少しは何とかなるだろう。



 2016年5月3日 16:00未明

 内容スッカスカの一日の行事を終えた頃、嫁がお見舞いに来る。
とたんに表情が明るくなる俺。もうパブロフの犬状態

転院の話が進まないため、どうも嫁の表情も浮かない感じ。そうだよね、早く済ませたいよね。
二人でガックリしたままでも埒があかないので、今度は二人で受付に行って直談判することにした。


-1階受付-

居るのは男の人。

俺ら「あのー」

受付「はい」

俺ら「転院を希望してるんですけど、紹介状って言うのは手続きに手間がかかるものなんでしょうか?」

受付「いや、そんなことないですよ」

俺ら「主治医の先生が入院しているらしくて・・・」

受付「それでしたら院長が代筆すれば済みますので大丈夫です」

俺ら「ちなみに転院予定の病院も、ファックスをくれればすぐに手続きしてくれると打診頂きました」

受付「ああ、それならば院長が紹介状書くだけですね。わかりました」

俺ら「ありがとうございます」


おお!! かつて無いくらいのスムーズなやり取り! こうでなくっちゃ☆
今日は院長が手術でいないが、早ければ明日にでもファックスしてもらって転院できるかもしれない!
院長のスケジュールも一応聞いてみたが明日は特に予定がないとのこと。これは良い感じじゃないですかぁ!!

病室に戻る。割とウキウキの二人。
明日にはこの動物園をおさらばできるんだァー! ウッホホウッホホ!!
その夜の俺は今までのションボリーナが嘘のように快活だった。この「無敵感」、もう誰にも止められないぜェーっ!



骨折ダイアリー開局

 2016年5月4日 7:30

 今日は朝からテンションマックス。何でって? そりゃああーた! 今日この病院から移れる(予定)ざんすよ! これがソワソワせずにいられるかっての!

「せいじさん朝食ですー」

うむ! くるしゅうない! まずいまずい思っておったこの朝食もついに最後か! いやあ、うまいな!!(まずい)


朝食を食い終わった俺は嫁とラインで連絡を取っていた。
「くれぐれも仕損じるな」という旨の激励が飛ぶ。そう、相手はあの女院長。
もしかしたら「転院ダメ!」とか言いかねなくはあるから・・・

ただ、消毒の時間にしかヤツは来ないから暇だ。わざわざ部屋に呼んで話をするというのも横柄な患者みたいで気が引ける。
無礼に無礼で返すのは偉丈夫たる男子のすることではない。俺はそんな心意気を秘めてベッドに大人しく横になっていた。


しかし暇だ・・・しかも喜びにざわつくこの心・・・どうにか紛らわせないものか・・・





そうだ、ブログ書こう。


俺みたいに骨折してどん底気分の人たちはこの日本にいっぱいいるはずだ。その人たちと自分の体験を少しでも面白おかしく綴って勇気を持ってくれれば・・・笑ってくれたら・・・ついでにそれで収益とかあれば・・・

思いついちまったが吉日、俺は早速ブログを開設しようとインターネッツの大海原に飛び込んだ。

ブログの提供元はたくさんある。Ameba、FC2、ライブドア等々・・・


どこが良いのかよくわからん俺は「少しでも多くの人に読んでもらえる」と言うことを条件に再検索をかけた。

それで出てきたのが「はてなブログ」ってわけだ。実際の裏付けはよくわからん。
ただ、はてなブログはSEOに強いとか嘘かほんとかわからんことがあちこちのブログに書いてあったから信じてポチしたってわけよ。

その行動は大正解だった。この「骨折ダイアリー」っていう割とあるんじゃね? っていうキーワードでGoogleの1ページ目に表示されてたんだから。え? もしかして俺のパソコンだけ?

まあいい。それはいい。


とりあえず俺はその時点で満足なわけだ。早速ブログを作り、書き始めた。
IDは骨折したことを記念に「ボーンクラッシュ」というIDにすることに決めた。



しかし!! しかしだ。

「お、IDに空きあるやん! ラッキー!」と登録した単語は・・・


borncrash



おいおいお・・・ボーン(骨)の綴りが違ってんよー・・・

Google翻訳で調べると「生まれクラッシュ」。あーやっちまった


何だかんだと御託を並べてもしょうがない。始まったしまったものはそのまま続けよう。
「Google」だって元々誤記だったんだからへーきへーき


とりあえずこうして骨折ダイアリーはスタートした。



俺の怒りが有頂天

 2016年5月4日 11:00

 話は戻って、本日の消毒の時間だ。今日も院長が消毒に来る。そう、あの女院長だ。
できれば会いたくないのだが、消毒しないとバイキン怖いもんね。うん


しかも今回は紹介状の件なんかも合わせて聞かなきゃいけない。大忙しだ!
消毒の時間が近づき、また包帯が外される。



担当は・・・







ボチャ子。あああああああああ!!!! またかよ!!!



まあでも・・・昨日こいつの雑さはやんわり伝えてるから何とかなるだろう。うん

そうやっていつものように包帯交換してもらった。


おお、普通だ。雑とか丁寧とかじゃない。普通。
でもいいの。普通なら何にも文句はない。やっぱり言ってよかった。


「もう少ししたら院長来ますので待っててください。」

「はい」

うん、ボチャ子にしては合格点じゃない? 普通の対応だもん。
でも、相変わらず院長が来るの遅い。 5分待ってって言って20分以上待たせる女だからな。どういう神経してるんだって思うよ。

20分ナランチャのポーズ取るの本当にしんどいんだぞ? 分かってんのかあいつ


今日は15分ほど経って院長がやってきた。
相変わらずエラッそーに看護師数人従えて「別に遅れてませんが?」みたいなツラで入ってきた。

この時点で若干イラッとする。でも我慢なの。転院の話をしなきゃいけないからね。
とりあえず消毒をする。こんな数か所の小さな傷をコットンでチョンチョンするのに大げさな・・・といつも思っていたが大事な医者の責任だから黙ってる。
こいつがやると途端に胡散臭くなるというか、医者じゃなくてもできるんじゃね? と錯覚してしまう。ヤブ医者の鏡だ。


消毒終わり。本題に入ろう・・・としたら向こうの方から口を開いてきた。
とてもめんどくさそうに。そして突っかかるような口調で。


院長「転院したいということでお話は伺っています」

俺「はい」

院長「正直に言わせてもらうと、転院はお勧めできません」


ずっと「転院はできますから」と話してただろうが。今頃何言ってんだこの女


俺「どうしてでしょうか?」

ここでわけのわからない理論展開が行われる。

院長「あのね、医者の立場ってすごく弱いんですよ。あなた方患者に『紹介状を書いて』って言われたら、断ることができないんです。
でもあなたは怪我をしてしかも重傷ですよね? まだうちの病院で安静にしている必要があると判断してるんで、転院はお勧めできません。」
俺「ん、おっしゃっている意味がよく分からないんですが、転院はできないんですか?」

俺が知りたいのは、「転院ができるか、できないか」の話だ。医者の立場の見解も理解はしてるし、そんなの言われるまでもない。
でもこの病院に後数週間入院し続けるのは嫌だ。粗末な部屋でお金も無駄だし、精神衛生上よろしくない。


院長「だから、こちらとしては手術して責任のある立場なので十分治癒してからでないとダメだと申し上げているんです。」

俺「それは分かっていますが、これからの仕事の都合と等も考慮して転院先の方が条件が良好だったので転院したいんです」


転院先の設備、すっげー新しいからね。絶対こっちの方がいいわ。
んー、本当は「おめーとボチャ子のせいで転院してーんだよ!!」と言いたいのだが、そこはぼかして話すのでとても苦労する。
正直な話、一番足の容体が悪くて苦しかった時にボチャ子に無視されたり、水泡ブッツブツの足を丸裸で20分以上放置された時点でこの病院は信用できないと思った。 何が責任のある立場だよ。大した責任も感じてなんかないくせに! しかし怒ってはいけない。



院長「どうしても転院したいというのなら止めはしませんが、9日以降になります」


?????? 何言ってんの? 何でそんな先延ばしになるの?? 「以降」って具体的にはいつだよ!
コイツの口調も相まって、この時点でイライラし始めてきたと思う。


俺「どうしてそんなに先延ばしになるんですか? 入院当初から話していて、できれば今日手続きしてほしいんですけど」


院長「それはできません。」


俺「何か問題があるんですか?」


院長「緊急性がないからです」


んぁん? 緊急性? 君さ、さっき患者の要請は「断れない」って言ったよね?
あれか?職質は「任意」と言いつつ実際は強制でやってます、みたいなやつか?


俺「何を持って緊急性があるって言うんでしょうか?」


院長「内臓疾患などの重篤な症状などは緊急性のあるものとして考えられます。」


内臓疾患て。そんなんなったら転院とかいうレベルじゃなくなるじゃん。
このやり取りをさせられてる時点で一刻も早く転院したい思いにターボがかかる。
まさに冗長。こんなやり取りが一体何になるのか?

俺「緊急性がなくとも、こちらの要請は断れないとおっしゃっていたのでやっていただかないと。」


院長「ですから、緊急性がないのでできません。」


俺「言っていることが矛盾してません? 断れないならやってください。」


院長「あなたご自身のこと分かってますか? 足を骨折してるんですよ? しかも水泡ができていて、経過も良くない。そんな状態で新しい病院に行かれて何かあったらどうするんですか? 我々の責任だと思われるんですよ? 紹介状も誰が書くと思ってるんですか? そんな簡単に事が運ぶと思ってるんですか?」

確かこの辺でプチンと来たと思う。この冗長なやり取りにも、コイツ偉そうな物言いにも。
さすがに「テメー!!」みたいなことは言わないけど、声は大きくなったと思う。


俺「いやいやいや、昨日受付の男の人に紹介状のやり取りは手間がかかるか直接聞いたら『そんなことはない』って言ってましたよ。

緊急性があろうが無かろうが、それほど手間もかからず、今日予定がなければやっていただいても良いじゃないですか!
転院先にはずっと話してあって、受け入れる準備までしてくれてるのだから、あなた(院長)がやることは紹介状をファックスするだけじゃないですか!」

この時点で院長は若干「受付が余計なこと言いやがって・・・」みたいな顔になる。


院長「それはその受付が勝手に言ったことですよね? 私はそんな話聞いていないし、知りません。」


おおついに・・・こいつ自分が組織の中の一人であることを忘れてきやがった! 部下だろうが上司だろうが外部に向けて何か発信して、それが間違いであろうが何だろうが責任を持つのが組織だろう。同じ組織内で「私は知らない」が通ると本当に思ってるのかこいつは

俺「あなたが知らなくても僕らからすれば病院から得た正式な回答です。それを知らんぷりするあなたがおかしい!」

院長「それはあなたの気持ちですよね?」
もうね、こうなると売り言葉に買い言葉。院長も「何か言ってやろう」という気持ちをむき出しにして俺にかみついてくる。
さらにムカつくところは、こいつは人の話を最後まで聞かず途中で遮って話しだすところだ。こっちは病院や手続きなどに聞き逃しがないようしっかり最後まで聞いてるというのに!


院長「だから、緊急性がないから無理だと言ってるじゃないですか。そういうわがままを言い続けられてもこちらは困ります。こちらはあなたの骨折を治すために一生懸命にやっているというのに」


ここでもう俺は限界だった。もういい。この冗長なやり取りをすぐにでもやめたい!!
声をさらに荒げて言った。

俺「あなた(院長)さっきから長々と話しこんでいらっしゃいますが、話が全然僕の中に入ってきてないの分かってます? こちらが質問したことに明確に答えず自分の思いや所見を述べることだけを優先してるからですよ! 併せて言うと話もチョコチョコ脱線してますし!

僕が知りたいのは転院するにはどういう手続きが必要でどうすればそれが早期に実現できるかってことが知りたいんですよ! いい加減きちんと質問に答えてくださいよ!!」


もうね、質問→回答の仕組みを小学校からやり直せと言わんばかりの物言い。でもこれ話して少しすっきりした。まだイライラしてるけど


院長「ここまでこちらが親身にやっている治療に対して文句がおありなんですか?」


ダメだこの女。今まで「人な話を聞かない」という悪癖を注意してくれる友達がいなかったんだろう。プライドだけで実も伴わない会話をまだ投げかけようってのか・・・

そう思った俺はこの病院(院長&ボチャ子)の対応の悪さもぶちまけた。


俺「親身親身と分かったようなこと言ってますけどね、毎日毎日消毒に何分待たせるんですか!? 病人扱いするわりには「包帯外してる間は足を下につけないで」と20分もそんなきつい体勢を強いといて。

遅れてきたことには何のお話もなく当たり前のように。リハビリの時間の段取りもいい加減! 結局は忘れてただけじゃないですか! もうね、こういう管理体制の病院には正直居たくないんです! だから一刻も早く転院したいんですよ!」


この病院(院長&ボチャ子)の杜撰さを思うさまぶつけた。しかし帰ってきた回答は・・・

院長「私の謝罪がほしいってことですか?(腕組み)」


あー駄目だ。人と話してる気がしない。こいつとは500回輪廻転生しても分かりあうことができない。
一つの筋の通った話ができない。これだけ話しているのに一つとして解決していないんだから。
今まで会ってきた人間の中で一番人の精神を逆撫でする力に長けていて、そして頭が悪い。ここまで来ると才能と言ってもいいんじゃないかな
とにかく、こんな人間が医者をしていることに恐怖を覚えた。

ここであたりを見回す。個室にみんな集まってるんだけど、他の看護師さんはみんな下を向いて神妙な顔をしている。
ボチャ子も同じく。若干の申し訳なさを覚えた俺は、「早く話を終えなきゃ」と急ぐ。

そうすると、院長がさっきの腕組み姿勢のまま、たたみかけてくる。

院長「まあ、待たせたことはこっちが悪かったですすいません。」

それが謝る態度かよ! やる夫かおめーは!

f:id:borncrash:20160723180733p:plain
俺「はあ」

それでも謝罪の言葉だけは受け入れる。もうコイツの言動だけでなく、態度まで言及しだしたら俺の足が治ってしまう。それくらい時間がかかりそうだ

また院長が口を開く。

院長「つまりあなたはうち(病院)がスケジュールを詰めて手術して差し上げたことも考慮に入れず、ただ非難するだけなんですね?」


本当に嫌なつつき方をする女だ。同性からも大いに嫌われていることだろう。


俺「それはまた別の話です。その件に関してはとても感謝しています。ありがとうございます。」

ここは正直にお礼を言った。まあ、手術してくれたのは副院長(優しいおじさん)だけどな!
この場にいなくて直接お礼が言えないのが残念だぜ!!


院長「・・・で? こんな話を続けて何がしたいんですか? あなたさっき「消毒で待たされた」と言ってますけど、この話している時間もあとの患者さんを待たせてることになるんですよ?」



イラッ☆ 誰のせいでこんなに話が伸びてると思ってるんだバカ! もう今は「転院」とかじゃなくてこの女との無駄話を早く終えたいし、この病院を出て行きたかった。
院長を罵倒したいとも思わないし、とにかく関わりたくない。


「じゃあもう転院の話は結構です! どうすれば退院できますか!?」

院長「今からですか?」

俺「はい!」

院長「治癒してない以上は退院を認めることはできません。」

俺「もう居たくないんです、この病院に!!」

この言葉が堪えたのか、もう院長は言葉長めに語ることはなくなった。


院長「そうですか・・・だったら出ていくしかないですね。」

俺「出ていってもいいんですか?」

院長「病院としては自主退院という形になります。部屋代もその日までの請求で終わりです。」

俺「法的に何か問題があるわけではないんですね?」

院長「ありません。」

俺「ではそうします。この話は以上です!!!」

自分の思い描いていた手続きとは違うけど、この動物園を出ていくことはできるわけだ。
そうして最後に院長が捨て台詞を吐いてきた。


院長「やはりうちの治療に対する努力については評価していただけないということなんですね。失礼します。」


「恩知らずのわがままな患者のせいで大変な思いをした」とでも言いたげに、ツバを吐くように部屋を出ていく院長。
「以上」と言ったからにはもう話すことはない。でも言いたいことはいっぱいある!!

俺はこのことを一刻も早く伝えるため即嫁に興奮気味に電話をした。


↓続編↓

www.nichi-petit.com