にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

もしも桃太郎がコンボイ司令官(オプティマス・プライム)だったら

スポンサーリンク

 くっ! こんなトップ画を作るのに時間をかけてしまった!!

 

 ブログで見かける桃太郎シリーズ、面白いよね。ああいうの大好き!!

今回はトランスフォーマー(G1)ネタで桃太郎の物語を追ってみたいと思います。
配役は以下の通り

  • 語り:正宗 一成
  • 桃太郎:コンボイ(オプティマス・プライム)
  • 犬:バンブル(バンブルビー)
  • 猿:アイアンハイド
  • キジ:パーセプター
  • 赤鬼(親分):メガトロン
  • 青鬼:スタースクリーム
  • 黄鬼:サウンドウェーブ


みんなに想像して読んでもらうため、あえて括弧書きの前に人物の名前を載せてません。
誰が話してるか予想しながら読んでね!

では、はじまりはじまりー

 

 


むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいた・・・
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行っていた・・・

おばあさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきた!!


「まあ、大きな桃だわ。もって帰っておじいさんと頂きましょう」


おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰った・・・

テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 

1時間後、おじいさんとおばあさんは家にいた。

二人がが桃を食べようと桃を切ってみると、なんと、中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきたのだ!


「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」

 

子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜び!!



「私の名前は桃太郎。この村を守るためにやってきた戦士だ」


「!!」

 

桃から生まれた男の子は、自分を桃太郎と名乗った。
桃太郎はスクスク育ち、やがて強い男の子になったのだ。

テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 


一方こちらは、鬼が島に住む鬼!!

「へへへ、近くの村は食料が豊富だぜ!! また頂きに行くか」

この愚か者めが! 食料だけではなく人もさらってきて田畑を耕すほうが良いではないか」

「くっ! 時代は新しい鬼を求めてるんだ! のんびり田畑なんて耕してられませんぜ!」

「赤鬼サマ コレカラ村ヲ 偵察ニ行ク。桃太郎トイウ人物ガココヲ狙ッテイル」

「よし言って来い黄鬼!」


テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 

 

人々は鬼の悪行に困り果てていた・・・

私にいい考えがある。犬猿キジを連れて鬼が島を制圧するんだ」

 

おばあさんにきび団子を作ってもらうと鬼ヶ島へ出かける桃太郎。

 

そこに現れたのは、犬!!

 

「桃太郎さん、どこへ行くの?」

 

「私は鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ。君もどうだい? きび団子をあげよう」

 

「うん、おともします!」

 

「うむ、後は猿とキジだな」

犬はきび団子をもらい、桃太郎のおともになった。

 

 

 

 

そして、こんど出てきたのは、猿!!

 

「桃太郎さん、どこへ行くんですか?」

 

「私は鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ。君もどうだい? きび団子をあげよう」

 

「そんなものなくてもおともしますぜ。鬼たちを引きずりおろして細切れにしてやる!!

「ははっ、血気盛んなヤツだ」

 

そしてこんどは、キジがやってきた!

 

「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

 

「私は鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ。君もどうだい? きび団子をあげよう」

 

「ありがとうございます。偵察ならお手の物ですよ」

「ははっ、頼りになるヤツだ」

 

こうして、犬、猿、キジの仲間を手に入れた桃太郎は、ついに鬼ヶ島へやってきた!!


テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 

 

 

一方鬼ヶ島では、鬼たちが近くの村から略奪した宝物やごちそうをならべて、酒盛りの真っ最中だった。


桃太郎たちは物陰から身を潜めて覗いていた・・・

「鬼が集まっている・・・これではうかつに近づけない」

「このまま奇襲をかけましょうぜ!」

「やめるんだ猿! ここはチャンスを待つんだ!」

「我が物顔の鬼のやつらを見るたびに頭が爆発しそうですよ! 一体いつになったらあのクソッタレどもに総攻撃をかけるんです!?」

「ここは待つんだ・・・チャンスを・・・私にいい考えがある!

「キジ、偵察に行ってくれ」

「行ってきます!」バサッ

「偵察なんて悠長なこと言ってられるか! もう我慢できん!!」

「おい! 猿! 戻ってくるんだ! 猿!! 困ったやつだ」

「ほーんと。」


テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 




鬼軍団は、桃太郎の一味が来ることを予測していた!!



生意気な猿めが! 金棒を食らえ!」

 


「ぐわああっ!」


テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 

 

 




「すみません桃太郎さん、やられました・・・」

口が利けるだけ良かったじゃないか。さあ、そろそろキジの偵察が戻ってくるぞ」



偵察を終えたキジは、桃太郎たちに話した。



「鬼たちが村人から奪った宝物なんですがね、非常に貴重なものでして、万が一あれが鬼たちの手に渡ったままだと大変な事態を招くでしょう」

「はぁ~、よくわからないけど、結論を教えてよね!」



「つまりだ、ここは正面突破しかないってことさ」

がってん! それが作戦と聞けば闘志がまた湧いてきたぜ! 俺が道を開くからみんな下がっててくれ!

「みんなかかれィ!」

犬は鬼のおしりにかみつき、猿は鬼のせなかをひっかき、キジはくちばしで鬼の目をつつくのだ!!


そして桃太郎も、刀をふり回して大あばれである!!

 

そこに、とうとう鬼の親分が!

 

「まいったまいった! 降参だ、助けてくれ!」


桃太郎と犬と猿とキジは、攻撃の手を緩めた・・・その時!!!

「クックク・・・」

わあー! 桃太郎さん助けて!」

犬が青鬼に捕まってしまった!!

「老いぼれ鬼の時代は終わった! 新親分はこの俺だ!」

この若造め! しかしよくやったぞ!」

「赤鬼サマ 怪我ヲシタ猿ヲツカマエタ」

「ちくしょう!」

「黄鬼もよくやった! さあどうする?」

「ぐぐ・・・卑怯な!」

難を逃れたキジはあたりを飛び回っていた!!

「(この鬼が島は活火山だ・・・これを噴火させれば・・・)」

そう、キジは大きな岩を火山に落として、大爆発させたのだ!!


「これでどうだ! ・・・わ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!


テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 

 




一方鬼たちは、人質に取った犬を盾に、桃太郎を集中的に攻撃していた!!

「うぐっ! ・・・何とかしなければ・・・何とか・・・はっ、何だアレは!」



「桃太郎さーん! 逃げてくださーい! わ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!

 



「みんな逃げろ! 火山が爆発するぞ! ほあぁあああああああああああああああああ!!!!

 


あたりに散り散りになる一同!! 果たして・・・!!


「うぐっ・・・せっかく新しい親分に慣れると思ったのに何てことだ!」

「この愚か者めが! ・・・しかし桃太郎、覚えておれ!! 行くぞ二人とも!!」

「おお・・・鬼たちが逃げていくぞ」

「わーいわーい早くおじいさんおばあさんの喜ぶ顔が見たいな!」

「怪我をさせられた腹の虫が収まらないぜ!!」

「まあ怖い鬼たちもいなくなったから良しとしようじゃないか」


テーレレーレー♪ デンッ!!

 

 

 




鬼から取り上げた宝物を押し車につんで、元気よく家に帰る一行。
おじいさんとおばあさんは、桃太郎たちのの無事な姿を見て大喜びだ!

その後桃太郎は正式に総司令官となり、犬、猿、キジと共に、村を治め老人二人と残る余生を過ごした・・・


めでたし、めでたし!!


まとめ

アニメのトランスフォーマーを見てる人は口調だけで絶対分かると思う。
この唐突な展開とか、○○節なんつーのも。

 

ちなみに途中途中入る「テーレレーレー♪ デンッ!!っていうのは展開の切り替わりに出てくるアイキャッチみたいなもんです。


以下参考映像

www.nicovideo.jp

 

 

みんなもトランスフォーマーのアニメを見て腹筋鍛えようぜ!!