にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

人気ブロガーなら絶対にnoteなんてやんない方がいいよ

スポンサーリンク

 

 有名なブロガーは結構手を出してるnoteですが、僕はブロガーのこの手のコンテンツに全然魅力を感じません。

note ――つくる、つながる、とどける。

 

このサービス自体、最近までよく知らなくて、いざ見てみるとブログに毛が生えた程度の導入内容ばかり。

何これ? これから先読むのにお金いんの? じゃあいらなーい

 

 

読む俺らも人間だもんで

 世の中的にはアフィリエイトすら憎悪される昨今。

僕的にはいくらアフィ貼りまくっても配信する情報に制限かかってないので全然いいと思うんですよ。

だってそのリンク踏んで何か買ったり契約したりしても誰も損してないじゃん? 選択権は自分にあるんだよ? むしろ情報くれたアフィリエイターに感謝してもいいくらいやろ!

そう思っていても、読者目線だと必ずしも合理的には考えられないもの。

「こいつこんなクソゆるい文章書いときながら月収100万とかムカ着火ファイヤーやわ」

そう思っちゃうのが人です。仕方ない

 

でもnoteにはそういう感情すら湧かない。

なんかね、いざ気になって読んでみたら「これ以上の情報がほしかったらお金払ってね」という情報の制限が気に入らないんです。

え、商品じゃなくて、今お書きになってるこの話にお金が……!?

 

だって普段は読者に対して無料でブログ記事を配信してる方々じゃないですか。

そういう目線で見ると、noteとブログって何が違うのよ? って思っちゃう。とくにリテラシー低い僕としては

もちろん内容は普段書いてる記事以上に気合い入れてるモンなんでしょう。マネタイズとかPV増やす方法とか、有益な情報を含んでるつもりなんでしょう。

 

でも読者側からすると媒体がブログと同じ「ネット」っていうだけで、なーんか「本出すの大変だからネットで金とるわ」っていう浅はかな魂胆を勝手に想像しちゃうんです。

 

なんか「DVDは無料なのに、ブルーレイは有料」みたいな感じ。

同じ円盤やろ! な感情

 

一方書籍だったら何でそこまで思わないかというと、本って出すのに結構手間がかかるじゃないですか。

印刷代もそうだし、内容の加筆修正も容易じゃない。

だから細かく推敲して、誤字脱字や表現に問題がないかしっかりと確認する。それこそ色々な人のチェックを経て出版されます。

大変。想像するだけで「めんどくせええええええ!!」ってなる

その時点でもう本の内容に「覚悟」を感じちゃいますよね。読む側としては

 

noteにはそのバックグラウンドが感じられないんですよ。

乱暴に言うと「簡単に出せて金も取れるし、書いたろ!」みたいな。

もちろんどこぞの著者がそういう発言をしてるわけじゃないよ? でも読む側としてはそんな想像をせずにはいられない。内容がまずければ一層そう思っちゃう。

っていうかこの記事を読んで一層思うようになった。

ken10blog.hatenablog.com

 

「そこまでして稼ぎてーか」

そういう視点にならざるを得ない。これが読者側である僕の素直な感想です。

 

広告収入得るためにアドセンスやその他アフィ貼ってくれても全然構いません。

収益報告してPVや稼いだ額の自慢してくれてもOK。むしろ参考になります

でもnoteの有料記事だけは僕は一生見たくもないし自分でやってみようとも思いません。

もし僕がnoteで有料記事配信し始めたら、それは僕じゃありません。操られてます

 

無料で読者みんなが楽しめるブログに予想外の商売っ気を持ちこんだこのコンテンツは、相対的にブログの価値を下げたようでなんか寂しい気分になります。

 

今人気のあるブロガーほどこの手のビジネスには手ぇ出さない方がいいよ。

ロジックより人間の心ってこういう人気商法的には大きく働くから。

だったらオリジナルのカレーやTシャツ売ってる方がよっぽど好感度高いわ!

 

というわけで、僕が人気出たらTシャツ出してみたいです! ぎゃはは

 

 

エンド