にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

ブログの更新頻度を劇的に上げる方法【サラリーマン必見】

スポンサーリンク

 

 

ブロガーにとって一番ネックとなるのは「書くネタがない」ではなく「書く時間がない」ことじゃないだろうか。

大体のブロガーは専業ではなく、会社員や他にメインの仕事があって、その合間に更新してる人がほとんどだろう。

そうなると、執筆する時間を捻出するのって、意外と大変。

 

一般的な社会人だと9時始業の8時間労働だとして、休憩を1時間はさむと9時間。
この時点でもう18時になってしまう。

健康に十分な睡眠時間を捻出するならば24時には床につきたいものかと思うので、その間に終えてしまいたい。

そこから算出される平日の自由時間は最高で6時間。

現実的に考えるとそこに通勤時間が入ったり、日常の掃除洗濯食事などの時間が入ると、個人差はあれど大体1~3時間くらいが純粋にブログ更新に使える時間ではないだろうか。

 

うん、つらい!!

「今日やったことは仕事以外だとブログ更新」

「昨日もブログ更新」「一昨日も」「その前も」

見事にブログに翻弄されている。ブログ書くの好きだけど、さすがに疲れて帰ってきた時くらいちょっとベッドでゴロッとして「ふー」と息をついて何も考えない時間がほしい。

 

もちろんこんなハードスケジュールをものともせず頑張ってるブロガーさんもいると思うが、今回は僕みたいな「なるべく何でも怠けたい人」向けに帰った後の時間を少しでもだらけられる方法を考えてみた。

 

 

 

会社でブログを「準備する」

 帰ったあとの時間を好き勝手に使うには、答えはシンプル。

「会社でいかにブログ更新にかかわることを終えてしまうか」

会社員と言えど、1分1秒を管理された人なんていうのはほとんどいないと思います。

僕が知ってるのはライン工くらいかな。 やってたし

www.nichi-petit.com

 

 

だからその合間を最大限に利用する!

会社でだらけている時間が長かろうと短かろうと、家に帰ったときの疲れ具合なんて大差ないと思います。どっちもめっちゃ疲れてる

 

同じ疲れるなら、僕はそれなりの成果物を残して帰りたいのでそのお膳立てを会社でやります。

会社によってはネットのアクセスなんかも比較的緩かったり、または拘束時間が長くとも、実働時間が少なかったりするのでそこはケース別に考察する。


最強:会社でログインして更新

 ベンチャー含む中小企業では、大企業のようにネットへのアクセスにセキュリティーフィルターを使っていないところも存在する。

そういう自由度の高いところは、仕事の少し暇な時間を集めて会社で更新してしまおう。

 

もちろんそれで上司なんかに見つかって「何やってんだ」と怒られるリスクも0じゃないので、そのための策は講じておかなければいけない。

たとえば、このはてなブログの更新画面を大きく開いた状態での更新など言語道断。
上司に「見つけて叱ってくれ」と言ってるようなもんだ。

 

文章を打つならメモ帳でもできる。

かつメモ帳なら特に怪しまれることもない。

それでも不安なら、メールソフトのあて先を空にして書くだとか、エクセルの1セルに書くなんかの方法がある。

その際文字色をパステルだとか黄色系にすると同僚上司などが通りかかっても一瞬でばれる可能性が低くなる!

 

あとは、書いたものをブログの編集画面にコピペして文字色やフォントなど、体裁を整えれば終わり。

そういう意味ではメモ帳でも文字効果を簡易的に指定できるmarkdown記法は非常に便利だったりする。

 

ポイント

  • 更新と執筆は分けて考える
  • メモ帳を使って左下の隅っこで慎ましく更新する
  • メールソフトの新規作成画面に書く(自然)
  • エクセルの1セルに書く(作業中は自然)
  • 文字色がいじれるエディタならのぞき見対策でパステル文字を使ってみる

 

しかし、今の僕の会社はセキュリティーがある程度しっかりしているためこの手法が取れない。(くそっ!!)

 

 

中堅:土日(休日)に書き溜める

 ブログを書き溜めて下書きに入れておくと、毎日書かなくても1日1記事なんていうのはそんなに過酷ではありません。

予約投稿にしておけば、決まった時間に更新されるので読者にも親切です。

ガンガン投稿してるブロガーさんなど、2桁3桁の記事数のストックがあるなんていう話も聞くけど、そこまで頑張らなくても毎日更新はできるので心配ないです。

 

ただ、せっかくの休日をブログの更新のためだけに使うと言うのは精神的にくるものがあるので僕はやってません。

むしろ土日はあんまり書かない。

これはブログに対する姿勢や、日常生活に占める比重が関係してくると思います。

「まーたブログ書いてんの?」って嫁がブーブー言ったりもするしね!

 

 

 

汎用:会社でテーマや概略をメモしておく

 執筆において一番時間がかかるのは何か?

それは文体を考えたり、「ここはこの話に触れる」だとか「ここにこのデータを挿入する」だとかの土台を考えることだ。

裏を返せば、書くことが決まっていて、文体や展開などが固まっていれば2000字や3000時など20分もあれば埋まってしまう。

それだけブログにおけるシンキングタイムは重要であり、そこを終えてしまえば後は大した作業など残っていないのだ。

 

そしてこの作業は「手書き」でやる。

本書でも、ライターさん向けの文章トレーニングとしてまずは手書きをすすめている。

 

手書きのメモならば会社員はもちろん、飲食なんかの業界でも怪しまれることはない。

むしろ僕なんて「せいじくん、熱心にメモ取ってるねー」と褒められた。

それだけ何かを筆記している姿は勤勉な印象を与えることができるのだ。ただブログネタ書いてるだけなのに。(これはこれで社会問題ではありそう……)

 

僕はとにかく思いついたネタをメモ帳に書きまくり、構成や思いついた文章があればそれもしっかり書きます。

アイデアというのは生ものなので、そのとき「これだ!」と思ったものはメモして膨らましておかないと「あれ、面白いアイデアだったのに発展した話に繋がらない……」なんてことになります。

僕は毎日更新してるブログの8割は会社で考えて文字だけ家で打ってます。

 

何もしていない状態から「よし書こう!」と取り掛かるより、会社や仕事先で何か考え事してる時の方が脳は活発に働いてるのでネタが出てくることが多いと思います。

 

 

まとめ

 自身のブログを公開している人全員が願ってやまないのは「一人でも多くの人に自分の記事を読んでもらうこと」だと思う。

そのためには検索でヒットするようにドメインパワーを育てる→そのためには毎日更新する……など、ちょっとブログ更新の本分である「良質な記事を書く」とは違うことにも注力しなきゃいけない。

言い換えると、良質な記事を書く「だけ」ではブログは成長しないということ。

Googleが見ているのも人間的な「有用性」ではないしね

 

それを実現させるにはとにかく時間が必要で、社会人が正攻法ではどうしても時間を確保するには限界が出てしまうので効率よく更新しましょうねーというお話。

 

ポイント

  • 周囲に不自然な雰囲気を出さず内職(ブログ更新)をする
  • メモを活用して構成・文体などは決定する
  • 家では文章を打ったりコピペするだけ

 

これを守れば「今日も書けなかった……」なんていう日は大きく減るでしょう!!

 


エンド