にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

「ビジネスサンダル」は梅雨と暑さを乗り切る最強アイテムだぞ!!

スポンサーリンク

 梅雨の蒸し暑さが身を包む今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

夏の容赦ない暑さにイライラしてませんか? 知らず知らずのうちに汗だくになっちゃってファンキーな香りを撒き散らしてませんか?

 

僕は全て当てはまります。クソが

 

梅雨のジメジメで気分は落ち込んでいるというのに夏の暑さは僕らのそんな姿をあざ笑うかのようにテンションを上げています。やめて

ちゅか、ただ暑いだけならいいんですよ。そら夏は暑いもん

 

暑い夏 ←わかる

日陰も暑い ←あ?

湿度もヤバイ ←おい!!!!

 

日本というカンチュリーに生まれてしまった宿命ですね。

まあいい、それもまあいい。1億歩くらい譲ってその暑さに耐えて毎日を過ごしてたとしよう。

それを差し置いても出てくる問題は「雨」。梅雨だもんね

 

今も昔も雨が降った日は人間は傘を差します。あたりまえ体操~♪

んで傘を差せば雨が防げ……ねー部分がありますよね。

 

そう、足です。

上半身が無事でも膝下なんかは悲惨なことになっているサラリーマンの方、非常に多いですね。僕もその一人なんですが

 

そしてビチャビチャの足のまま職場到着。

そのまま業務開始。足気持ち悪い。かゆい。つらい。

業務終了。足気持ち悪い。かゆい。そしてそのまま帰宅

靴を脱ぐ……

 

くっっっっさ!!!!

 

こんな1日になりますよね。ざっくり言うと

何が「梅雨は日本の農業を支えている」だよ!?

その至言のおかげで俺の足ビチャビチャよ? どうすんのこのくっっっっさい足?

あ? 日本の第一次産業を支えるために俺の足を犠牲にしろってか? つらい

 

はい、不毛な文句の連続ですね。こんなこと言っても何の生産性もありません。

というわけで前置きが長くなりましたが今回はこの夏のクソ暑さとクソジメジメを乗り切るべく僕が購入した「ビジネスサンダル」について触れときたいと思います。

足が臭いリーマン必見です

 

フォーマルさを失わず、利便性を向上する「ビジネスサンダル」

 最近は日本にも「クールビズ」の概念が浸透してきまして、だいぶラフな格好で仕事をする人が増えてきました。

僕がいる会社もジーパンにポロシャツ、クロックスで働いてる人をちらほら見かけます。

 

しかし!!

世の中そんな気楽な会社だけじゃありません。

以前僕が勤めてた会社はスーツ必須、スリッパやクロックス禁止の職場でした。理由は「品位を欠くから」だそうです。

 

あぁ? 品位? 汗だくシワくちゃワイシャツのオッサンが何偉そうに語ってンだ?

 

僕は迅速に心でそう叫びました。しかしそういう会社も確かに存在しますし、簡単に社内の規定を変えることができないのも現実。

そんなフォーマルパニックな暑苦しい職場で僕の足元を救ってくれたのが「ビジネスサンダル」でした。

 

ビジネスサンダルを使ったことがない人はその姿を想像できないかもしれませんが、一言で言うと「かかと部分がない革靴」って感じです。「サンダル」という単語がついてますが実質別物。

絵的にはこんな感じ

 

 ね? こんなもんほぼ革靴やろ?

僕の職場は前述のように服装に厳しい一面がありましたが、このビジネスサンダルはOKだったよ!

 

ビジネスサンダルの賢い使い方

 端的に言います。ビジネスサンダルは基本的にオフィス内限定で使えばデメリットは無しです!!

 

通勤時に濡れた足元のまま仕事をするのはとても苦痛。

そんな時僕は会社にあらかじめビジネスサンダルを置きっぱなしにしておいて、雨に濡れた革靴と履き替えます。もうこの時点で最高だよね。ビッチョリの靴履かなくていいんだから

通勤に使った革靴は新聞紙等を丸めて詰めておけば基本仕事中(8時間強)に乾きますし、足も気持ち悪いまま頑張らなくても済みます。

 

また、夏の暑い時期は雨でなくても足元がやたら暑苦しく感じるもんなので基本社内はビジネスサンダルで過ごします。ビジネスサンダル自体は通気性に優れているわけではないけど、気軽に脱いだり履いたりできるので足への負担が少ないです。革靴は乱暴に脱いだり履いたりを繰り返すと形が崩れちゃうもんね

ほんで社内の使用に限定しておくことで靴底の減りもほとんどないのでめちゃくちゃ長持ち。僕のビジネスサンダルは4年前に買った物がまだ現役で綺麗に使えてます

 

おおお! 足クサの原因は革靴のムレだったりすることが多いから、これなら一挙に解決じゃん!!

可愛いあの子とお座敷ディナーももう大丈夫だな! やったなぁオイ!!

 スーツはカッコいい

 確かにラフな格好で仕事できるというのは身体的には楽ですし時代に即してる働き方だと思います。

 

でも、やっぱりスーツってカッコいいじゃん? 着ると気持ちが引き締まるし、男にとっては言わば戦闘服みたいなもん。そんな「正装」を少しでも楽して実現しようっていう気持ちがあってもいいと思うの。そしてそんなズボラなあなたを助けてくれるのがビジネスサンダルなんですね。僕もズボラですもんもん

 

クールビズでクロックス生活していたあなたも、ビジネスサンダルデビューしたら職場の女子が「オシャレな人」って注目してくれるかもよ!? ぎゃはは

 

そんな話です。

 

 

エンド