にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【毒親とは?】モラルのない親から自分を解放する方法

スポンサーリンク

 

 

毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干渉などによる児童虐待で一種の毒のような影響を子供に与える親のこと。母の場合は毒母(どくはは、どくぼ)、毒ママ(どくママ)と称される。また、父の場合は毒父(どくちち、どくふ)、毒パパ(どくパパ)と称される。毒母の別名として、モラ母(モラはは)と称されることもある。

毒親 - Wikipedia

 

 

 何故僕がこの単語にピクリときたかというと、うちの親にも若干その傾向が見られたから。
とはいうものの、心底親を憎んでいるわけでなく「あーこれヤバイわ」という程度。

真の毒親(?)はこれをそのまま何倍にもスケールアップした感じで、僕はそういう人を目の当たりにしたことがある。

自分の思うように自分をコントロールできない様は、まさに「人格障害」といった感じ。

 

そこで思う
「いくら親とはいえ、子供の人生を勝手に脅かしていいはずがない」と。

こんなことを書くのは、今まさに僕の弟が思春期真っ只中なんだ!!

こう言う時って家庭環境とか将来にモロ影響するじゃん?


だから今回、僕はあえて自分の親に厳しい目でメスを入れる。(普段仲が悪いわけじゃないけど)
そうして自分の親が「毒親」である人に少しでも客観的な目を持ってもらうように考察したいと思う。

 

 

 

 

 

毒親の子は毒親になりやすい

 

 「かえるの子はかえる」とはよく言ったもんで、家庭環境であったり幼少期の親子の接し方っていうのは子が大人になったときの振る舞いに大きく影響する。

それは言動であったり、人付き合いであったり、見える部分は様々だが大体親のコピーになり得る。

それは社会では別段珍しいことはなく、単に「指導者(この場合は毒親)に倣って行動している」だけ。

 

たとえば僕の母方の祖母は典型的な毒親で、男作って家を一度飛び出したそうだ。

そのことを僕に語る母だが、如何せん性格や怒りっぽさなんかの悪い部分はだいたい祖母から受け継いでいる。

 

僕もその例に漏れず、幼少期~思春期にかけてその毒っぷりを発揮していた。

今自覚できるそのときの性格や仕草としては

 

  • 過干渉・・・人の言動や行動に対して異常に執着を示す
  • 見下す・・・人を褒めない、レッテル貼り
  • 感情論のみ・・・人の話を聞かない・さえぎる、自分の感情が第一、自分の発言に責任を持たない、相反する意見=敵という考え

 

当時の自分を思い出して吐き気がするが、こんな感じ!

だから僕は幼少期~思春期にかけて非常に友達が少なかった。というか、学年でも有数の「嫌われ者」だった!

 

それを一般論で言うと「わがままで性格の悪いやつ」で済ませて付き合いを控えればなんとでもなるよね。

しかし我が家にはそういう人間がもう一人いるわけだ。(当時うちは母子家庭)

 

過干渉

 友人の行動や言動で何か引っかかることがあると、当時僕は徹底的に叩いていた。

「お前のそういうところがダメ」「もっと改善すべき」など、重箱の隅をつつくように細かく。

 

今思えば友人間で「んなことお前に言われる筋合いねーよ」な話をよくクドクドと言ってたもんだ。

その粘っこいメンタルだけは褒めてやろう!

 

見下す

 友人の家に遊びに行ったりすると、作った工作を「すごいじゃん!」と親に褒められたりなんかしてるわけ。

そのときの僕は正直こう思った。

「入賞すらしてない粘土工作を、何故○○くんのお母さんは褒めてるんだろう?」と。

 

今なら当時の僕に言える。

「お前、嫌~な育てられ方したな!」と。

そのくせ自分も褒められた経験がないため、自分に自信があるわけでもない。

所謂「傍観者」的な立場でしか人と話すことができない。

 

感情論のみ

 当時の僕は人と話すときに迎合する術を知らなかった。

「あ、そうなんだ」とか「そういう考えもあるんだ」とか、全くない。

ひたすら「何で俺の話が分からないんだこいつは!!」みたいなスタンス。

ええ、周囲はドン引き。

 


おお、この時点でドックドクじゃないか!

 

 

 

「変わらなきゃいけない!」と思うようになったきっかけ

 

 そういうわけで、親にもなっていないのに結構な毒っぷりを振りまき続けた僕ではあったが、ある時転機が訪れる。

 

「メンヘラ彼女」との出会いである。

 

当時から僕は幾人かの女性と付き合いはあった。

嫌われ者のはずの僕がなんで……? と思うかもしれないが「初対面の受け答えだけは良かった」からだ。

つまり時間が経てばめんどくさい本性が見えるってことね。結構こういうひと、知り合いにも多かった。類は友を呼ぶ……

 

だがそのときの彼女は凄まじかった。

わがまま、過干渉、病み具合が今まで見たどんな人間よりも飛びぬけていて、自分の悪い部分が鳴りを潜めてしまったのだ。

 

そこで僕は思った。

「世の中にはスゲェやつがいる」と。

ここが大事!! きっかけとしてこれ以上のものはない。

 

毒な家庭で育った人間は、自分の毒っぷりを客観視できない。

それどころか、毒のない家庭を見ると、とにかくアウェーを感じてしまう。

居心地の悪い場所も、長年経つとあたりまえになってしまい、もうそこに違和感を覚えないという最悪の「慣れ」だ。

 

そんな凝り固まった人間が自分を客観視できる瞬間は「世界の広さを知ったとき」。

当たり前だった自分の価値観を壊された瞬間である。

 

なんやかんやでその女性とはお別れをしてしまったのですが、得られたものは大きいです。(本人がくれたもんじゃないけど)

 

このとき自分の「気づき」になったポイントは・・・

 

  • 異性との交際は友達以上家族未満の小さな社会形成
  • その社会形成の体験で自分の「毒家庭」を客観視できる
  • 自分以上の毒人間と過ごすことで自分に警鐘を鳴らす

 

ざっとこんなもんです。

一言で言うと「やべ、こんな風になっちゃダメだわ」と思うこと。(なりかけてるんだけどね)

そのおかげで、当時僕を毛嫌いしていた人とも今となっては「あのときはホントごめんね」という感じで仲良く話せます。

相手も「いやー、あんときのお前、ホントに嫌いだったわーw」と遊びに来て笑い話にしてくれるので感謝。

 

人間関係については、忘れたり、みんなが大人になってくれてたりと時間が解決してくれる部分も大きいです。

 

 

 

自分の毒を抜くには?

 

 まずは全て自分でやろうと思わないこと。自分のことって自分では気づきにくい。

白髪が生えてることだって、自分より他人のほうが気づきやすいもんだ。

 

だから、一にも二にも「人の話を聞く」こと。そしてできるだけ多くの人に意見を求める。

 

人から見て「君は話を聞かない人だね」と大多数に言われてしまえば「違うんだ、俺はそういう人間じゃない! 事情があるんだ!」と言い張っても評価は変わらない。

 

世界は自分と他人でできていて、その大多数である他人がそういう評価を下せばその通りであり、抗う自分は独りよがりでしかない。(そこが怖いところでもあるんだけど)

 

誰しも経験あると思うけど、自分の声を録音して聞いてみると「なんじゃこりゃ! こんなの俺の声じゃない!」と思うけど、他人から聞くと間違いなく君の声なんだ。

それだけ人間は素の自分を客観視できない。

 

それができるようになるには、多くの意見を聞いて統計をとらなきゃいけない。

まずこれが自分を「外」から変える方法。

 

続いて自分を「中」から変える方法は「自分を他人にさらけ出す」こと。

今僕はこうやって自分の嫌われ者の過去や嫌な性格を語っている。

でも不思議と嫌な気持ちはしない。それはキリスト教でいう「懺悔」の行いに近いのかもしれない。

 

自分の思いや悩みを告白するのって、言う前は恥ずかしいけど言ってしまえばとても気持ち良いこと。

古の人間も、そうやって心に「救い」を求めてきたんだなぁと感心。

 

最初の一歩はこの二つ。

これができれば「親子」という強固な結びつきから引き継がれた毒も、少しずつ薄まってくるに違いない!

 

「人生をつまらなくしてるのは、お前自身だ」

 

誰の言葉か、受け売りかは知らないけれど、ふとネットでこんな言葉を見つけた。

インターネットの時代になって本当に良かったなと思うのは、些細な情報も自分で見つけることができるようになったこと。

この言葉は今でも自分の心に深く刻まれているよ!

 

 

毒親も一人の弱い人間

 

 同属嫌悪と言うべきか、昔僕にとって親は全てであり、同じく対抗心を抱く相手だった。

だから言うことにいちいち突っかかってみたり、些細な行動に苛立ってみたり、傍から見たら似たもの同士が小競り合いをしているようにしか見えなかったことだろう。

 

うちの親は友人が少なかった。

家に招いた友人の付き合いも、数ヶ月から数年するとパッタリ止んでしまう。

ひどいときはその場で罵り合いをしていたりなんかも。

 

そして今社会に出て思うことは「うちの親は狭いコミュニティーで動いていたんだな」ってこと。

これは見下しているわけでも、バカにしているわけでもなく、自然とそう見えてしまった。

今まで自分の中で「絶対」だった親という像が崩れた瞬間、僕は喜びとも悲しみとも取れない不思議な気持ちに包まれた。

 

「親子」というフィルターを取れば相手も一人の弱い人間で、自分も同じ。

そこに序列は存在せずに、あるのは個と個だけ。

「悟りを開く」というほど大それたもんじゃないけど、その気持ちに至ればずいぶんと生きやすい人生になると思う。

 

親は親、自分は自分。
聞けば当たり前のことだけれど、幼少の頃から引き継いだ毒はなかなかそのことに気づかせてくれない。

 

アメリカの精神医学者、スーザン・フォワードはその著書『毒になる親(原題はToxic Parents)』で「子は毒親を許す必要はない」と言っている。僕もそのとおりだと思う

というか、許す状況なんて作ったところで考えを改めるくらいなら毒親になどなっていない!

親を中心に思考を巡らせず、「許す・許さない」などは記憶の彼方に捨て去ってしまえばいい。

 

「親への考え方」まとめ

 

  • 自分の毒を親のせい「だけ」にしない・・・自分が毒を持つことは毒親に負けた証
  • 親を一人の人間として観察する・・・自分も親も弱い人間である
  • 親に固執しない・・・大人になれば付き合いは増える。親を憎んだり固執したりするのは自ら世界を狭めている(無理に許す必要もない)

 

子供側としては、なまじ育てられた恩を感じてしまうだけにタチの悪いこともあるが「それはそれ、これはこれ」という考え方に転換しよう。

子供に関するすべての権利を「育ててきた」というだけで決める親なんて、それこそ下の下以下の人間だ。

子供を育てたことを賃金の貰えるような仕事の一部だとでも思ってるのかねぇ? 

 

 

「自分を変える」まとめ

 

  • 人の話をよく聞く・・・意見を求め、受け入れる
  • 自分をさらけ出す・・・誤解を恐れずに、自分の弱点を話す、心を開く
  • 他人を味方にする・・・毒親一人より、10人の他人のほうが強い!

 

 

どうかこの記事を読んで、少しでも自分の身を振り返ってくれる人が増えることを願っている。

 

 

キアリー!!

 

関連記事 

www.nichi-petit.com