にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

天皇陛下の生前退位に対して無職の僕が色々考えてみた

スポンサーリンク

 

 こんにちは、先日会社をほぼバックレたせいじです。  

 

天皇陛下の生前退位、ここ数年話題になってますよね。

 

最初に言っとくと、僕は生前退位に賛成です。そんなもん、本人の体調と意思に任せとけよっつー話

 

生涯あんなキツイお仕事を続けて頂くのはさすがに酷だと思います。

そんなことをイチ国民、イチ人間、イチ無職として考えてみました。

 

 

天皇陛下の仕事は激務そのもの

 天皇皇后両陛下のお仕事の日程は宮内庁のサイトで参照可能。(以下URL)

天皇皇后両陛下のご日程 - 宮内庁

 

もうね、とにかく休みが少ない。元旦? なにそれおいしいの 状態

年間休日はなんと怒涛の80日ほど。ブラック企業も真っ青である

大体のサラリーマンは週休2日制で120日くらいが一般的。100日とか110日だと「休み少ねーよ」と不満が噴出するレベル。

 

しかし天皇陛下はそんなことをおくびにも出さない。

国民の前ではただひたすら優しい笑顔を見せ続ける。すごい(小並感)

 

しかも出席する式典や参列するイベントは全て自分に視線が集まるものばかり。そら天

皇陛下が出席するって言ったら僕もガン見しちゃうよ

その状況の心の休まらなさは半端じゃないだろう。

 

だって会社員のとき、なんか適当に資料作りながらトイレ休憩行ったり茶飲んだりしながらでも「今日は疲れた……」とか言ってたけど天皇陛下はそんなことしない。

タバコ休憩もなんのその、ひたすらじっとお行儀よく座り続ける……!

これがどれだけキツイことか分かるだろうか。

 

こういう類は「忙しさの中の暇」とも言うべきか、とにかく時間が経つのが遅いんだ。

だからと言って姿勢を崩してボケーっとしていいわけでもなく、みんなの前でスピーチやら何やらする段取りを考えなきゃいけない。

それなりにお話しする練習とかもしたりするだろうから数少ない休日も潰れる可能性がある。

 

こんな大変な毎日、僕は耐えきる自信がない!!

 

 

自分の意思でやめられないなんてかわいそう

 僕は最近会社を辞めました。 

www.nichi-petit.com

 

職場環境が悪く、これ以上続けていたら心身を病んでしまうと思ったので、「もう限界です」と上司に言って逃げたのです。

いやー、仕事がないのは不安だけど、体の方は絶好調! 心なしか肌も綺麗になったと妻に褒められました。えへ

 

しかし、天皇陛下の仕事はそう簡単に辞めさせてもらえない。

そらそうよ、会社にとって僕の代わりなんかいくらでもいるけど、天皇陛下はこの日本国に唯一。誰も代わりを務めることはできない

「天皇」って肩書き、世界に一個しかないもんね

 

もちろん天皇陛下も人間なので体調を崩したら式典を欠席したり、療養したりするけど治ればまた大変なお仕事に戻る。

「あー、この仕事俺に合わねーからやめるわ」とか出来ないなんてかわいそ過ぎじゃね?

しかも自分で選んだ仕事じゃない。

 

僕らは職業選択の自由が認められていて、努力さえすれば大抵の仕事には就くことができる。

そこで悪戦苦闘しながらもやりがいだったり、自分らしい働き方だったりを見つけていくんだけど天皇陛下は生まれた時からその仕事が決まっている。

「俺、明日からパンクロッカー目指すわ」とか認められない。

 

憲法に定められた「国事行為」を粛々と進める姿は、軟弱な自分から見たら尊敬を通り越して畏怖の念を抱くほど。

国事行為に「武道館ライブ」とか定めたいわ。天皇陛下の人間性にも触れてみたい

 

国の象徴である以上は、私情などあまり公にすることを憚られる行為としてるんだろうけど、心と体は僕らと同じ人間なんだから、思うことだってやりたいことだっていっぱいあるでしょうに……

 

 

定年とか、そんな概念がない

 定年がないって、もうどんな会社やねんってくらいハードモード。

「天皇崩御」という出来事自体、この多忙で大変な仕事が関わってると思ってしまうよ。この業務量じゃねぇ……

もはや「死ぬまで働け」って言われてる気分じゃないかな?

 

僕だったら泣く。定年過ぎたいい大人になっても「やだああああ! もう辞めりゅううううう!!」って泣きじゃくる自信がある。

 

ブラック企業の台頭で、過労死が問題化している昨今、僕ら日本国の象徴である天皇陛下がこれほどの過酷を強要されるのは如何なもんだろうか?

自由も休みもほとんどなく、一生を「国の象徴」として全うする天皇一族が最後に思うことって何?

「あー、あの時もっとゲームやっときゃよかった」とか「あのアニメまだ全部見てねーな」とか、幸せな後悔だよね

 

そんなんにも満足に手を出せないまま終わる人生なんていやだああああああ!!

 

 

バイト形式でバトンタッチ!

 僕がバイトしていたとき、どーーーしても決まったシフトで出れなくなっちゃったときは代わりの人を探してた。

「○○くん、この日代わりに出てくんない?」「ええよ」

これで万事解決。

 

じゃあ

 

天皇陛下「皇太子、ちょっとキツイからそろそろ変わってくんない?」

 

皇太子殿下「ええよ」

 

じゃダメなのかね? 八百屋の跡取りみたいになっちゃったが

 

本人がどーにも体がもたんのは仕方がないってことで、もう少しライトに対応できんものか。天皇一族がもういないわけじゃないんだから

でも、そうなると後継者が「やっぱつれーわ」って感じで早期にバックレちゃうと問題になるか……

 

もう何? 求人出しちゃう? 転職エージェントに任せちゃう?

 

◆憲法に則った国事行為をするお仕事! 高収入&有名になれるチャンス☆募集要項:学歴・年齢不問。あなたのやる気と人柄を重視します!
福利厚生:寮完備(皇居)、食事補助、生活費その他全額支給!
業務内容:国事行為(主に式典などでのスピーチ、各国や地方訪問等。お仕事で海外にも行けちゃう♪


おお、中々魅力的な募集内容じゃないか。これなら人集まるんじゃない? 実際やってバックレるやつ続出だろうが

 

 

天皇陛下は神様じゃなくなった

 昭和天皇から出た「人間宣言(俗称)」により、天皇陛下は神様ではなくなった。

 

人間宣言(にんげんせんげん)は、1946年(昭和21年)1月1日に官報により発布された昭和天皇の詔書『新年ニ當リ誓ヲ新ニシテ國運ヲ開カント欲ス國民ハ朕ト心ヲ一ニシテ此ノ大業ヲ成就センコトヲ庶幾フ』の通称である。

当該詔書の後半部には天皇が現人神(あらひとがみ)であることを自ら否定したと解釈される部分があり、狭義にはその部分を表現する名称としても用いられる。

なお、「人間宣言」という名称は当時のマスコミや出版社が付けたもので、当詔書内には「人間」「宣言」という文言は一切ない。

人間宣言 - Wikipedia

 

 神様であれば人間と違う物差しで考える必要があるため、僕らの意向や考えなど及ばない存在であるが、今はもう違うのだ。

一人の人間になった以上は僕らと同じ人生があり、心があり、体がある。

 

たとえこれまでの天皇制や皇室の仕組みに亀裂が入ったとしても、命を捧げてまでそれを守り通す価値ってある? 人生って、命そのものだよ?

こんなの「生贄」と変わんないじゃない。

 

いくら有識者が「生前退位なんて認められるわけねーだろ」と主張しようと、人ひとりの人生を左右する責任とれんの? って話。

天皇制の仕組みを知って知識をひけらかして結論を出すのは誰でもできること。

対象が人間である以上は「個」の心も理解して結論を出さなきゃ。一万人の社員に対する就業規則とは違うよもん

 

長きにわたって脈々と続いてきた天皇制に傷がつくことは確かに痛手だと思うけど、それって必須なの? 無くなったら国民死んじゃう? 戦争起きる?

国を揺るがす大きな天秤かもしれないけど、今ある懸念材料だけで「現状維持」はバカすぎない?

 

 

生前退位、認めるっきゃない説

 以上のことを自分なりに想像してみると、やはり天皇陛下の仕事は激務なわけで、引退もとい生前退位は認めるべきだと思います。

 

「国の事なんだから単純に『キツイ』で済ませらんねーぞ!」とかいう人は、自分にそのバトンが回ってきたときに同じことが言えるのかな?

僕は間違いなくごめんなさいするねぇ!!

 

色々と考えなきゃいけないことが多くて大変でしょうが、天皇陛下の心の平穏が早く訪れることを祈ってます。

好きな映画とか漫画とかやりたいこととか、たらふく楽しんでほしい。

会社を一時リタイアした無職の僕は心からそう思います。

 

しかも天皇陛下はバックレじゃない。ちゃんと辞意を表明し続けてる。偉すぎ

 

とまあ、こういう記事書くと「天皇陛下や天皇制への冒涜だ!」みたいなエセ天皇敬愛マンが湧くけど、過去の天皇を全部含めて敬っている「本物」なんて僕は見たこともない。一過性の信仰だ

こんな出来事だって時間が経てば歴史の1ページ。未来の日本史学ぶ生徒たちは「ほーん」くらいにしか感じないだろう

早いとこ、この騒動が「あー、こんなこともあったねー」くらいで終わればいいですね。

 

たぶん天皇陛下御本人もそんな風に考えるんじゃあないでしょうか

 

 

エンド