にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【日本人】英語の発音が上達する方法を教える

スポンサーリンク

 

 英語しゃべれる人ってカッコいいよね!!

どうも、海外コンプレックス丸出しの僕です。

 

でもやっぱり英語しゃべれるとカッケーよ。見た目がさえない人でも、ネイティブと楽しそうに会話してると「すげぇ」って言っちゃうもん。

 

でもね、海外留学の経験がある人でも、なかなかそれっぽく聞こえない人が多くない?

なんつーか、単語選びとかそういうのはしっかりしてるし、しゃべる早さも決して探り探りやってるわけじゃない。

端的に言うと「音」に違和感がある感じ。

 

ただ、日本人含むアジア人でも、海の向こうで生まれ育った方々はネイティブと遜色ない。

ということは人種の違いでどうのって話でもないってことね。

 

僕は交友関係上少しだけ英語で話す機会があったんだけど、発音だけは現地人にめっちゃ褒められた。(単語とか文法は全然ダメ)

そこで思うのが「どこが違うとそれっぽく聞こえるんだろう?」ってこと。

 

今回は「文法」や「リスニング」はおいといて、どうやったら海外の英語話者の方々に近づけるかを日本人のクセを指摘しながら説明しようと思います。

 

 

 

似た発音を勝手に統一してしまう

 

LとRを「R」に統一

 まずはこれ、よくあるやつね。

「俺、英語しゃべれるで」なおっさんがドヤ顔巻き舌で「love」「ルァブ!」と発音すること。

これだと「rub」に近くなって愛じゃなくて「こする」になっちゃうんだな。

 

この場合、ラブの「ラ」は舌先を前歯の裏側に押し当てて……とかいう眠たい指導を中学くらいのときに受けたと思う。

でもそれ大事。本当にそうしないと発音できないもん。

あと感覚で言うと「ヤ」と「ラ」の間くらいの気持ちで発音すると上手く行きやすい。

 

まとめ:巻き舌すりゃイイってもんじゃない! カタカナは忘れろ!

 


SとTHを「S」に統一

「THREE」とか「EARTH」とかの「ス」なんだけど、ぶっちゃけ使い分けなくても大体通じる。

 

だけど! ワンランク上の発音を身につけたいなら「BUS」と「BATH」の発音くらい分けられるようになりたいところ。

 

分け方は簡単に言うと「ス」って言うときに歯に息を通すだけの「S」か、軽く舌を上下の歯ではさみながら息を通す「TH」かの違い。

 

まとめ:似た発音は混同せずしっかり差別化しろ!!

 

 

口や舌を動かさない

 これは日本語の特徴なんだけど、口や舌をそれほど動かさなくてもしゃべれちゃうんだよな。

んでみんなこれに慣れてるから話すときに口を動かさない。

そうすると、どうしても発音が日本語よりになる=カタカナ英語っぽくなっちゃうんだな。

 

英語の発音に関する参考書とか見ると、大体は頭部の断面で舌の位置が強調されてる。
それだけ舌の存在って重要なんだ。

英語圏で母国語が「mother tongue」というだけあるもんだ。(tongueは「舌」という意味)

 

なので英語をしゃべるときはとにかく口と舌を動かして、口腔内のスペースをしっかりとって響かせよう。

もっとネイティブの先生や友達をよく見てモノマネの感覚から入ってみよう! 

www.nichi-petit.com

 


まとめ:最初はものまねから。特に舌は英語の発音にとても重要!!

 

 

喉だけでしゃべる

 日本人は言語の特性上喉でしゃべることが多い。しかしその方法だと響きに乏しく、喉から出た声がそのまま口から出る感じ。

簡単に言うと「口先でしゃべってる」感じ。

 

一方ネイティブの英語は喉で音に変えたあと、鼻腔で響かせながら言語として飛ばす感じ。

簡単に言うと「鼻でしゃべってる」感じ。付け加えると「鼻から始まり上半身に響き渡ってる」感じ。

 

じゃあ日本人に鼻で響かせてしゃべってる人はいないの!? って話なんだが、残念ながらほぼいない。

なぜ「ほぼ」かというと、喉でしゃべる日本の言語特性の中にも、若干鼻に響かせてしゃべる言葉があったのだ!!

 

それは「鼻濁音」

俳優業なんかに興味がある人は結構聞いたことがある人が多いんじゃないかな?

 

鼻濁音(びだくおん)とは、日本語で濁音の子音(有声破裂音)を発音するとき鼻に音を抜くものを言う。音声上はま行子音 /m/ やな行子音 /n/ と同じ鼻音であり、ガ行子音/ɡ/における鼻濁音(ガ行鼻濁音)ならば、軟口蓋鼻音[ŋ]である。

鼻濁音 - Wikipedia

 

 

簡単な例を挙げると、以下の「が」は発音が違う

 

  1. 君「が」
  2. 「が」っこう

 

1.は「きみンガ」と鼻にかけた感じの発音。「な」と「が」の間のような聞こえ方になる。2.は「ガっこう」とみんなが普通に話している「ガ」で間違いない。

 

その使い分け方は大雑把に言うと単語の途中にくるのが「鼻濁音」で、先頭にくるものが通常の「濁音」になる。

また、「学校」などの単語は独立しているので「中学校」は「ちゅうンガっこう」とはならない。

 

「君が」などの助詞で用いる「が」は全て鼻濁音になるよ!

他にも

 

  • 日本銀行・・・にほんギんこう(濁音)
  • おにぎり・・・おにンギり(鼻濁音)
  • 頑張るンゴ!・・・ガんばるんンゴ!(鼻濁音)

 

こんな感じ。日本人って知らないうちに濁音を使い分けてたんだ。

 

だけど、最近ではこの鼻濁音も廃れてきて、特に若い人は全部同じ「ガ」でしゃべる人が多くなってしまった。

まあこれも時代の流れ。

 

そんで話を戻すと、この「ンガ」という鼻濁音の調子で英語を話すとそれらしく響きが伴ってネイティブっぽく聞こえるよ!

でもあんまりわざとらしく鼻にかけすぎると瀬川瑛子のモノマネになるから気をつけろ!!


まとめ:英語はまず「鼻」でしゃべれ!!

 

 

習得に恥ずかしさを覚えない

 ここまで説明すると分かってくる人もいると思うけど、日本人にとって英語って「歌」に近いんだ。

電車とか街中で彼らの会話を聞いてると、流れるようにしゃべるよね?

だから彼らは歌が上手い。普段からそういう訓練してるようなもんだから。(僕は歌へたくそなアメリカ人も知ってるが)

 

中学校の頃とか、いい発音で教科書読もうとすると恥ずかしかったでしょ?

それってみんなの前で歌を披露する時の心境に似てるってずっと思ってたんだよ!!

しかも多感なあの時期に……

 

でも周りの嘲笑に負けてはいけない。

若ければ若いほど言語の習慣の飲み込みも早いはずなので、頑張って自分に英語の話法のクセづけをしていってください。

 


エンド