にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

自分が一番なりたくなかった「意識高い系」になりそうだった

スポンサーリンク

 ビジネス書や自己啓発本って、これでもかってくらい世の中に溢れてるよね。今の時代はそんだけ新しいビジネスモデルやマインドセットが発見されてるってことなんでしょう。そうなんでしょう 

 

以前僕はそういった類の情報は「うさんくせーな」の一言で片付けて見向きもしなかったんですが、ブログを始めてからだんだん変わりました。

 
もうね、めっちゃ変わった。

ドラゴンボールZがGTになったくらい変わった。意外とおもろいでアレ

おかげで道端に転がる犬のクソにも「何か閃きに繋がるような面白い要素はないだろうか」とか考えるようになった。その状況がシュールで面白いよ

 

つまりだ! 必要な情報も、「今は」不必要な情報も、どこかで何かの役に立つかもしれない。「情報や知識は力である」と考え始めてからインプットすることに貪欲になった気がします。目の前で必要になるから勉強するのは当たり前で、どんだけそれ以外のとこにもリソースを割けるかって感じですね。

 

そこに余裕が持てる人間は強い!!

そう考えた僕は「こんな無駄なこと勉強してたら他の大事なこと忘れてまう」みたいな貧弱な思考をやめました。

 

ただ、それを始めた頃自分の中で目に見えて良くない変化が訪れ始めたのも事実。

そこで自戒と同じ道を辿りそうな人への注意喚起の意味合いも込めてここで「学習を続けていくということ」についてサラッと語っていこうと思います。

 

周りがバカに見え始めた

これ、意識高い系あるあるだよね!

新しい知識を多少取り入れた「だけ」自分がワンランク上の人間になったと勘違いしているアレ。

 

確かに新しい知識を手に入れることで、自分の生活を豊かにする第一歩にはなってると思います。でも、それはまだ「過程」の最っっっ初の話で別に結果なんかまだまだ出してはいないんです。

でも自分の中に訪れた小さな「変化」に舞い上がっちゃう。うひょーーーー!!

それは日常のニュースにおいて、聞いただけで内容が分かる時であったり、他の人が「そういうのって難しいんでしょ」と触れたがらない話題についていけるようになった時であったり、シチュエーションは様々。

そうすっと「勉強してない人って、そんなだらけた姿勢で人生楽しもうとか考えてるのかな?」とかいう考えが頭の片隅のハナクソ2個分くらいの隙間に生まれました。 

 

こうなったらもう大変。

電車でスマホゲームやってる人、会社で「家に帰ったらゴロゴロしてるよ」とか言っちゃう人、果ては年配のサラリーマンまで「自分の人生に投資できねーだらしない人たち」とか思っちゃいます。

 

はっきり言う

性根腐り始めてるでキミ!

僕なんだけどね

 

そう、自分がやってるのは素性も知らない周囲の人間を勝手な想像でバカに仕立てあげて悦に浸ってるだけの壮大な自慰行為。「壮大な」とか付けてるけど褒めてないからな!

 

想像してみ?

そのスマホゲームポチポチしてる人、自営で年収1千万かもよ?

休みは家でゴロゴロマンも、超絶美しい奥様とのラブリーな一時楽しんどるかもよ?

年配のサラリーマンなんか会社の役員で、暇つぶしで電車通勤楽しんどるのかもよ?

 

人の行動や性格の一部を見ただけで何でもかんでも決めつけちゃうのは良くない。その人はあなたより何百倍も才能があって、少ない努力でそれなりの成果を出せる人かもしれない。

だからといって、こんな「かもしれない運転」を膨らませ続けたところで何か自分に利があるわけじゃありませんが、身の振り方や短絡的な考えを改める材料にはなると思います。

 

情報をインプットすることは大切

ここまでの話だと「ビジネス書や啓発本なんて読むもんじゃねーな」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、新しい情報を自分の中に取り込んでいくことは良いことです。

 

問題なのは「一部の情報を手に入れることで全てを知った気になる」ことで、情報のインプットはむしろ積極的にやるべき。

ほんでその後大事なのは入ってきた情報量に振り回されないようにするためにその知識を元に行動を起こし、試行錯誤して現実を知り、自分なりの答えを創り出していくこと。

 

思えば僕もブログ始める前は漠然とアクセス数を上げる理論や稼ぐ方法ばかり追って「まず書いてみる」ということをやってませんでした。

そうやって生まれるのは口や理論ばかり達者で結果のついてこない可哀想な妄想家です。

 

意識高い「系」が嫌われたり哀れみの視線を浴びるのは、こんな所に原因があるのかもしれません。

 

他人は関係ない

本を読んだり勉強したりする理由付けとして「他人より賢くなるため」というのはめちゃくちゃ非効率な上昇志向です。

本当ならば「過去の自分より確実に蓄積を増やすため」であるべき。

 

なんかスポーツとかでも「己との闘い」とかよく言うじゃん?

過去の自分に勝ち続ければその結果、気付けば他人より上にいたって感じになるんじゃないかな。なんか今回エエ事言ってるやん俺!!

明日から気をつけます。

 

そんな話です。

 

 

エンド