にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【緊急時】お薬手帳、もっと活用しよう!!【電子化】

スポンサーリンク

 

 病院に頻繁に厄介になる人は知っているかもしれないが、「お薬手帳」なるものの重要性について少し。

 

以前までは処方箋を薬局に持って行くと「おくすり手帳お持ちですか?」と聞かれ、「ないです(家に忘れた)」などと言うと、「じゃあ新しいものを作りますか?」か「次回はお持ちください」で済んでいた。

 

しかし!!

今年(2016年)の4月以降、そのお薬手帳を持っていない場合は薬代が10~40円(1~3割負担かによって変わる)高くなってしまうのだ!!

正確には、そもそも手帳に記録するしないの「管理指導料」が持っていない人向けに上がっているのだが、ここは簡単な解釈のため割愛。(払う金額に差が生じるのに変わりはない)

 

お恥ずかしい話、これ知らなかったの……

 

今更感もあるだろうが、僕のようにそんなに病院に行かない人や、これから厄介になる人などはまだまだ馴染みのない仕組みだと思われるので、ここに触れておくことにする。

 

 

 

お薬手帳とは?

 文字通り服薬などに関する手帳でありその中には服用履歴や過去の病歴、アレルギーなどの薬を処方するにあたっての必要情報が詰まっている。

手帳の管理については患者自身が行い、必要に応じて手帳を提示することにより、医師や薬剤師が適正な薬の処方を行えるという仕組みになっている。

 

うん、すごく合理的と言うか、薬の種類や作用なんてよっぽど興味がないと僕ら患者側は忘れちゃうよね。

僕だって前回風邪ひいて処方してもらった薬なんて覚えてないし、人によっては耳鼻科や泌尿器科、産婦人科や内科と色々な病院・科を受診していることもある。

 

こっちの病院でもらった薬と、あっちの病院でもらった薬、実は飲み合わせすると重篤な副作用が……なんてこともなくはない。

そういった病院をまたいだ服薬・投薬情報も一元化するための手帳なんだね。

 

 

緊急時にも有効

 例えばあなたが事故や急病を患ってしまった時、意識があれば医者とコミュニケーションをとりながら投薬などの治療を進めて行けば良いが、もしそのまま倒れてしまったら……?

 

こういうとき、お薬手帳を携帯していれば、過去の服薬履歴や治療歴等も確認できるので、処置する側としてもとても助かる。

 

というのが、東日本大震災や熊本地震なんかでこのお薬手帳が大活躍してて、この手帳があれば処方箋なしで持病の薬がもらえたり、避難所なんかでも過去の履歴が載っているので処置する人も受ける人も双方安心して治療に臨めるわけです。

 

というわけでこの手帳、家ではすぐ持ち出せる場所に、そして外に出る際は常に携帯しておくようにしましょう。

 

 

自己記入することでさらに便利に

 今まで、この手帳の中身って医者というか、薬剤師が見るもの、記載するものだと思っていたけど実は違って、患者である僕らも記入できるという。

 

例えばもらった薬に関する効き具合や自覚できる副作用、他には市販で購入した風邪薬などの情報も書くことができる。

それで市販薬でも「ある症状」に特化したものが効かなかった経緯が記載されていれば、処方する薬もいくつかは除外され無駄な服薬や支払いが不要になる。

 

今の症状が過去にも経験があり、最新の医薬品でなくジェネリック医薬品で済むようなものなら薬代も安価なものに抑えられるし、合理的だよね。

 

なんか、患者とお医者さんの交換日記みたいだな……

 

 

電子化の動きも……

 なんとこのおくすり手帳、電子化もされていた!!

と言ってもまだまだ課題は多いのだが、電子媒体ならではの服薬スケジュール管理や処方箋の送信による受け取りまでの時間短縮などなど、忙しい人には嬉しい機能も結構付いている。

portal.okusuriplus.com

 

家族のお薬手帳管理も1台のスマホでできるらしいのだが、スマホを持っているなら各人が導入する方が良いだろう。

 

 

注意すること

  • おくすり手帳は1冊にまとめること・・・複数あって個々に記入があっては一元化になりません。

 

  • 減額措置が受けられる条件・・・6か月以内に同じ薬局で調剤されることが条件。かかりつけの薬局は決めておこう。

 

  • スマホアプリ版は、緊急時に確認できない・・・今のところメリットは紙の方が大きいかも?

 

これから寒くなって、風邪だインフルだと病院のお世話になりまくる予感の人は、頭の片隅に入れておくとちょっぴり得するよ!

 

エンド