にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

ピザポテトが販売休止!?ジャガイモ事情ってそんな大変なの?

スポンサーリンク

 朝起きてニュース覗いてたら……

 

何だこの有様はぁあぁああーーーー!!

 

何? ピザポテトが? 販売休止!?

どういうことだコラァーーーー!!

 

どうやらこういうことらしい↓

2016年に北海道を襲った複数の台風被害でジャガイモの収穫が減り、ポテトチップスの生産に影響が出ている。カルビーは4月15日から18種類の販売終了、22日からは「ピザポテト」など15種類の販売休止を、湖池屋では3月末をもって16種類の販売終了・種類をそれぞれ決めた。カルビーの担当者はハフィントンポストの取材に対し、ジャガイモを「国産に代わりアメリカ産を増やすなどの対応をしている」などと話した。

「ピザポテト」販売休止に ポテトチップスが台風で大ダメージ【UPDATE】

 

え? こんなんもう去年の時点で品薄確定やん。

そんなの知らずに俺はアホ面してピザポテト食ってたんだが? あん?

 

しかもこんな時でもやっぱり買占めは始まってるらしいのでヤフオクとかメルカリとかで転売者が続出らしいんだが? あん?

 

ネットでピザポテト買えってか?

俺は今すぐ喰いたいぞーーーーーー!!!!

 

そんなことを言うピザポテトファンならびにポテチファンの心情を読みとってか、カルビーは国産ジャガイモをアメリカ産増量にするということだ……が

 

なんでピザポテトが販売休止なんだーーーー!!

ピザポテトがなくなったらピザ食えってか? 高いわボケ!! もっとお手軽感出していこうや!!

 

もうさ、全部アメリカ産依存でいいからピザポテト出しませんか?

神様仏様カルビー様……

 

アメリカ産のジャガイモは危険なのか

 まあね、こういう産業というのは契約農家だったりを守る兼ね合いもあって簡単に「ほなアメリカ産一色にするわ!」とできないのはわかる。しゃーなし

 

しかし懸念点としてちらほら聞く「外国産は危険」という価値観はどうなんだろうか。

それって本当に正しい価値観なんだろうか。

 

たとえばこのジャガイモにおいては国内のメーカーはやたら「遺伝子組み換えでない」というフレーズを推す。

しかもそれに呼応するように消費者も遺伝子組み換え商品は避ける傾向にある。

 

僕が中学高校の頃、うちのカーチャンも「遺伝子組み換えはアカン」と漠然とした価値観を持っていた。正直アホかと思ってた

 

「そんなこと言うけどアメリカは遺伝子組み換えイケイケゴーゴーらしいで? さすが技術大国は違うわ!」という間違ったアメリカ信仰。

 

しかしアメリカ産じゃがいもにも遺伝子組み換え製品はほとんど流通していないらしい。2000年代半ばまで普及に勤めていた世界中の研究機関が政府の認可を目指し頑張ってきたわけだが、ざっくり言うとまだまだ「未熟な技術」であるため商品化は前向きに行われていない。突然変異とか怖い

 

まあ殺虫作用のある作物とか、見た目は綺麗だけど食べるの確かに不安だもんね。仕方ないね

マウス実験でも遺伝子組み換え製品を摂取したマウスの短命化が指摘されてるし……

 

2012年11月のカリフォルニア州では遺伝子組み換え表示の義務化の是非を決める住民投票が実施されてるし、僕は正直「アメリカは遺伝子組み換えに寛容」だと思っていたけど、それを危惧する声も決して少なくない。マッマごめんね

 

ということで、アメリカ産のジャガイモも「遺伝子組み換え作物」という観点では心配ないんじゃないだろうか。日本とそんな変わんないよ

 

まあそれを採用するかどうかは国内メーカーの判断になるけど、外国産だからって過剰に怖れることはないと思う。

 

「これなら安全」という思想自体が危険

 今回は「遺伝子組み換え」だけにスポットを当てて言及してるけど、他にも日本政府に認可されていない農薬の使用だとか、放射線照射された作物とか、安全性の裏付けが取れていない技術は山ほどある。

 

ちゅーか、確実な安全性が取れてる技術なんてどこにもないんだよね。

ジャガイモの発芽防止に使われている放射線照射だって、もう「安全です!」みたいな顔して市場に出回りまくってるけど、まだまだ懐疑的な声もある。僕は気にするほどじゃないと思うけどね(そこにも裏付けはない)

 

動物実験だって、それがどのような条件下で、どの期間、何世代にわたって行われたのかっていう話も僕らには知らされていない。

僕らが知れるのは「こういうことになったで」という結果だけ。それじゃ経緯もへったくれもあったもんじゃないよね。何かを貶めるために作為的に行われた実験だってりするなら尚更

しかも、詳細な内容聞いたところで理解できる知識の土台がなけりゃ馬の耳に念仏状態。僕よくわかんない

 

僕らは、そういう条件の下で商品を選び、食べたり使ったりしていることを意識しなければいけない。

「これなら安全」と盲信する事自体が危険。「何かちょっとでもヤバイ感じなら食うのやめたろ!」くらいのフットワークの軽さを持ってるくらいがちょうどいいのかもしんないね!

 

いいからピザポテト食わせろ

 やんやゆーてましたが、そんなヤバさを超えてでも僕が食べたいのがピザポテトです。

もうね、ここまで挙げた色々な技術的懸念点にハナクソをピンって弾きたいくらいピザポテト好きなんです。

 

僕はピザポテト玄人なのでもしかしたら産地が変わって味の変化に気付くかもしれません。

 

パリッ……これは……アイダホの西の風を感じる味だな……

 

みたいなクソ談義を始めるかもしれません。しかしその辺は勘忍して下さい。バカですから

食べながらそんなことも楽しんじゃうくらいピザポテト好きなんです。

 

一時期ピザポテト食べ過ぎて、飽きて、3ヶ月くらい堅揚げポテトに浮気してその後うす焼きせんべいに軟着陸したあとにそのままピザポテトまで滑走する……それくらいピザポテトに故郷を感じてるんです。

 

ピザポテトは僕にとって「帰ってくる場所」です。

僕にはいくつか故郷があります。一つは柿の種(でん六)、二つ目はとうがらしの種(みながわ製菓→越後製菓)、そして三つ目がピザポテト(カルビー)です。

 

せやからね、こういうファンもおるからね、カルビーさん、どうかピザポテトの早期出荷再開を何とかお願いしますホンマ

 

あ、でもたまに混入されてるチーズ成分がぶ厚くベッッッッタリついたピザポテトは許せんわ。あれは袋内のパワーバランスを崩しとる

俺はポテトみんなに平等でいたいんや

 

そんな話です。

 

 

エンド