にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【提案】タトゥーを彫る前にまずはタトゥーシールを試してほしい

スポンサーリンク

 

 みなさんの友人にタトゥーを入れている人はいますか?

今でこそファッションとして以前よりほんの少し許容されている感がありますが、それでも世間の風当たりはまだまだ冷たいです。

かくいう僕も、今の時点で家族や友人が「タトゥー彫りたい」と言いはじめたら(程度にもよるけど)全力で止めます。

 

 

 

なぜタトゥーがイヤなのか

 タトゥーもとい刺青に対して「親からもらった身体に傷をつけるなんてとんでもない!」という持論を展開する人がいます。

僕は正直タトゥーに対して「傷をつける」という印象を抱いていないので、その指摘はなんかしっくりきません。自傷行為ってワケでもないし

だってアレ、装飾でしょ?

 

しかしそれを差し置いても、はばかられる理由が僕にはあります。

 

 

一緒に温泉に入れないから

 一番の理由はこれですね。

僕、温泉大好きなんですよ。

友達とどーでもいいことしゃべりながら「う~~~」と唸って温泉に浸かりたいです。

タトゥー禁止の温泉って、ほぼ100%じゃない?

 

ということはこれからそいつと僕は一生風呂で語り合えないわけだ。悲しいなぁ

ただしこれは入浴施設の裁量なのでそこがOK出したら解決だな!

 

 

怖い人を想像するから

 日本において、刺青といえばほぼほぼヤクザを想像します。

そうじゃなかったとしても、イカツくてオラついた兄ちゃんとかね。

怖いじゃないですか、見た目も雰囲気も。

 

「そんなの偏見だ!」って言う人がいるかもしれませんが、少なからずそういう人はいます。

悲しいかな、怖い方々のほうにイメージが結びついている以上、いくら「自分は例外だ」と言っても払拭は難しいです。

タトゥーのマイナスイメージ払拭のため、頑張ってみる価値はあるかもしれませんが、一人の価値観を変えるだけでも大変なのでおすすめできません。

 

人の恐怖心とは、差別心と違って批判も出来ませんし、無理に是正しようというのはそれこそ「暴力」であり、マイナスイメージの上書きになってしまいます。

友達や家族に、そういう感情の対象になってほしくはありません。

 

 

彫りたい人を遮るものはない

 見出しで「タトゥーがイヤ」と銘打っている以上、これらは完全に僕の主観なんだよね。言うまでもないけど

「親からもらった身体に~」とか言うのももちろん主観。

主観主観のオンパレード。

 

つまり、法的に拘束するものはないのでやりたきゃやればいい。悪いことしてるわけでもないので

だから、タトゥーに対して批判するひとの意見なんていうのは「怒り新党」のぼやきと同じくらい意味を成さないということ。

聞き入れるか聞き入れないかはあなた次第です。

 

 

世間的な評価に文句を言うな

 僕が一番言いたいのはこれです。

自分が好きで彫ったんでしょ?

批判や好奇の目は覚悟で彫ったんでしょ?

 

なのに「タトゥーを彫っている人間(自分)を爪弾きにする社会はおかしい!」ってどの口が言うんだか。

別に彫ってくれとも頼んでないし、生まれつき彫られていたわけでもない、完全な「自由意志」

 

そら日本にはそういう文化が浸透していないんだから仕方がないでしょうよ。

だから、望まずに障害を持って生まれた人を差別する社会に対しては憤りを感じるけれど、自分の意志でタトゥー彫った人の社会批判には何の同情心も湧きません。

タトゥーに寛容な国に移ったらよろしいやん

 

タトゥーへの偏見や不寛容は現在のこの国では仕方のないことです。

周りと違うことをすれば、そりゃ誰でも好奇の目で見られます。

 

もちろん、そういうリスクを知った上で自分の決意を自分自身に示す為に彫り、堂々と生きている人もいます。

そういう人は、素晴らしいと思います。

 

要は、ファッションとしての「オシャレな」タトゥーの面ばかり見て、社会的な不都合は無視する人間がいけないだけで、タトゥー文化自体は悪いものではないって事ですね。

 

 

まずはタトゥーシールから始めたら?

 僕はいつもこう思うのです。

「なんで彫らなきゃいかんのか?」と。

 

僕はピアスの穴を左右1つずつ開けてます。

タトゥーの話になるとピアスの話も結構ピックアップされますよね。

でもピアスはタトゥーと違って穴が目立つものではないし、開けるのも安価です。

 

でもタトゥーは、目立ちます。

というか見える場所にあってこそのタトゥーだと思いますし、そうでなければ「そんな(目立つ)タトゥー」の話に限定します。

 

  • TPOで隠したり、出したりの使い分けが出来ない
  • 模様に飽きたとしても、簡単に変えられない
  • 痛い(やったことないけど)

 

パッと思いつくだけでもこんだけのデメリット。

ピアスもタトゥーも感染症のリスクはあれど比べられないほどの差があります。そもそも対象範囲に雲泥の差があるし

 

加えて飽き性の僕が彫ってしまった日には、1週間後くらいに「なんか飽きてきたな」だったり「彫った直後は良かったけどよく見るとチープだな」など不満も出てくる可能性があります。

簡単にやり直せるものならいいけど、タトゥーは無理。

 

痛いって言うのは想像だけど、絶対いてーだろ……彫ったことある人に聞いたから、多分本当

んなことに神経すり減らす人生ってヤダよ!

 

って人の為にあるのがタトゥーシール。

身体に擦り付けることで、タトゥーのように模様をつけることが出来るというもの。
これは憧れてる人もそうだけど、これから彫ろうって人も使ったほうがいいと思う。

自分がタトゥーを彫った生活をシミュレーションする上でも有用なんじゃないだろうか。

 

というのが、実は僕の父が彫っちゃったクチで、夏の暑い日でも7分袖で隠したりしてます。

この記事のようなファッションではなく「若い頃の過ち」的なやつです。

そんな姿を近くで見ているからこそ、親しい人にはそんな後悔をしてほしくないと思います。

 

シール使っても決心がぐらつかないなら、そりゃ本物だろうから応援するわ

これから世代が移ろいゆく過程で、いつかタトゥーが社会的に容認される世の中が来るかもしれない。

そうなったら僕も彫るかもね!

 

あなたのタトゥーライフに幸多からんことを……

 


エンド