にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

【おすすめ】カップルで温泉を楽しむなら水着で混浴だ!

スポンサーリンク

 

 恋人や家族での行先の選択肢として、温泉がある。

温泉ってディズニーランドみたいに気合入れて出かけなくてもいいし、むしろ疲れを取ってくれるから僕は大好きです。

 

でも、一つ難点がある。

彼女なんかと一緒に行ったとしても、一緒にお風呂が楽しめないところ。

コレ致命的だよなー!! せっかく温泉にきたのに、入るのは別々なんだぜ!?

 

そんな人たちにおすすめしたいのは水着で混浴のお風呂。

というわけで僕は先日としまえん近くの「バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯」に行ってきました。

www.niwanoyu.jp

 

 

 

水着で温泉に入れる!!

 コレ昔から思ってたんだ。「自分の裸に自信があるでもないのに、なんで素っ裸で湯に浸からなきゃいけないんだろう?」ってね

 

もともと公衆浴場に裸で入るということが世界的にも珍しいので、日本は独自の温泉文化なんですね。

でもこの風習だと、カップルは楽しみにくいし、裸に抵抗がある人もいるだろうし……

 

そういう悩みを解決してくれたのが水着混浴。

これならばプールとほとんど変わらないし、カップルなら二人で人目を気にせずに入れるもんね!

 

通常の混浴も悪くはないけど、やっぱり知らない人に裸を見られるのは本人も嫌だろうし、彼氏や夫も嫌だろう。逆も然り

僕の地元熊本にはそういうニーズに合わせて「家族湯」なるものが結構あるのだけど、それでも大浴場のような解放感はない。

 

そういうわけでこの水着混浴は必然の選択だったのだ。

 

 

水着混浴のシステム

 僕は今回が初めてだったので、どうやって混浴に至るのかが分からなかったが、何のことはない、男女の更衣室は別になっており、そこで水着に着替えるのだ。プールと同じだね

 

ほんで着替えて浴室のドアを開けると、当たり前だが最初は男性専用ゾーンがある。

そこは普通の温泉と同じく裸で入るんだが、そのゾーンを通り過ぎて扉を開けると混浴ゾーンになる。(男性ゾーンと女性ゾーンのちょうど真ん中になる)

館内施設一覧 | バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯

 

女子の浴室の仕組みも同様のようで、最初は水着で入って、上がるときに各々のゾーンを通って水着を脱ぎ、また服に着替える仕組みだった。

 

最初はお風呂とプールが併存しているようで混乱しちゃったので、僕みたいに勘違いしそうになった人は気を付けてね。

 

 

入ってみた感想

 まず思ったのは「とても気軽!!」

普通の大浴場って色々な人がいるじゃん? 自分の大事な部分をちゃんとタオルで隠す人と、自慢してーのかってくらいにモロ出しの人。

なんつーか、目のやり場に困るし、僕も見せたい派じゃないのでしっかり隠したいわけですよ。

水着だとそんなの全然気にしなくていい! 本当に温かいプールという印象。(泳いじゃダメだけど)

 

そして最初に述べたように、パートナーとお話ししながらお湯に浸かれるのがいい。

家風呂だと二人で入るに狭いし、外風呂だと一緒に入れないし……というダブルの悩みを一気に解決してくれる水着混浴。

 

もちろん普通の裸で入る温泉も併設してあるのでどちらのニーズも満たせて大満足でした。

 

個人的に混浴で入って特に良かったのは露天風呂ミストサウナ

 

露天風呂は色が茶色のイソジンっぽいにおいがするお風呂と、普通のお湯のものがあって、茶色のお風呂が肌がスベスベになりました。

なんとなくイソジンっぽいにおい(漢方かな?)で清潔感があって、今の時期なら外の空気もひんやりしてるのでずっと入っていられます。

 

サウナも室内と屋外に1つずつあり、室内はミストサウナ、屋外はフィンランドサウナ(よくある普通のサウナ)です。

ミストサウナはミストなのに温度が割と高く、5分もすると滝のように汗が出るけどミストが優しいので髪やお肌が痛む心配が少ないです。

っていうんで僕は2回入ったぞ!

 

また定時間毎に温泉やサウナ室でインストラクター付きの発汗プログラムや運動プログラムを開催しているので、体の衰えや運動不足を感じている人にもおすすめです。

 

としまえんとも併設していて、大江戸線と西部池袋線の豊島園駅からも徒歩3分以内、日帰り温泉で手軽なので、都内住みの温泉好きカップルは1度行ってみてはいかがでしょうか?

 

↓ここ含む関東周辺の水着で混浴できる温泉もありました

yutty.jp

 

エンド