にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

『北斗の拳』のラオウが小物である3つの理由

スポンサーリンク

 『北斗の拳』というマンガはみなさんご存知ですよね?

ケンシロウをはじめ、ラオウやトキ、シンやレイなど筋骨隆々で屈強な男たちが出てきてアタタっと敵を屠りまくるマンガです(雑)

 

その登場人物の中でも屈指の人気を誇るラオウ。

その人気は日本漫画界に名を残すほどの偉大なキャラクターで、彼が死んだ後に実際に葬儀が行われるほどの慕われっぷり。

 

ラオウ昇魂式

ラオウの死を描いたアニメ映画『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』の公開10日前の2007年4月18日、東京・高輪にある真言宗の高野山東京別院で「ラオウ昇魂式」が行われた。遺族代表として、武論尊、原哲夫らが参列し、葬儀委員長は谷村新司が務めた。また映画でラオウの声を担当した宇梶剛士が弔辞を読み、声優として参加した角田信朗がラオウに捧げる演舞を披露した。これに伴い、ラオウは正式に故人となった。
なお、漫画のキャラクターの葬儀が本物の寺院(宗教施設)で営まれるのは初めての事である[15]。ラオウを供養する為として日本中から多くのファンが集まり、海外のファンも訪れた程であった。しかし、雑誌『PCangel』内のライターによるコーナーでこの件に対し「ラオウは最期に『天へ帰るに人の手は借りぬ』と言っているのに葬儀を行う(本人以外の人間が葬る)のはおかしい」、「ただの映画の宣伝に過ぎない」との記述があり批判的意見も少なからずあった。

ラオウ - Wikipedia

 

賛否両論あれど、これほどの社会的影響力のあるキャラクターはなかなかいないと思います。


劇中のみならず、世間的にも「漢(おとこ)」の理想として描かれがちなラオウ。

 

しかーーーし!!

 

僕は思うのです

このおっちゃん、過大評価じゃね? と

実際に『北斗の拳』を読んでいて、彼がどーーーしても小物にしか見えないのですよ!!

今回はそんなラオウの小物エピソードにスポットを当ててみようと思います。

※考察にはコミックス『北斗の拳』のみを使っています。(スピンオフ作品等は時系列等の矛盾が生じているため)

 

 

ワガママ。とにかくワガママ

  読んだことがある人なら思うでしょうけど、彼は本当にワガママな人間です。「超」がつくワガママっぷり

北斗神拳の伝承者争いの中、ヒロインであるユリアに恋をしますが、肝心のユリアはケンシロウラブ。

そんな乙女に対して「ケンシロウを捨てろ!! そして今日からこのおれを愛するのだ!!」と迫ります。

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第7巻)

 

バカじゃねぇの!?

今日日NTR漫画でもこんなアプローチする男なんていねーわ

突然の関白宣言に乙女の心が射抜かれるとでも思ってたのだろうか?

 

もちろん結果は撃沈。当たり前だバカ

こんなの漢じゃありません。ただの「勘違い力持ちおじさん」です。

でもユリアに「そう(好きだと)思われていると知っただけで死にたくなります」と言われた南斗聖拳のシンもいることから、「自分はまだマシだ」とでも思ってたんでしょうか? 底辺の争いやな

 

 

その傍若無人さは恋愛にとどまらず、拳王となって世紀末の覇道を歩む最中にも見え隠れします。

 

まず自分の部下に対する冷たい態度。

自分が期待する人間や、強い者には敬意を払いますが、それ以外の弱者には容赦ありません。

自分の気に入らないことをする人間、気に入らない言動に対しては徹底的に暴力を働きます。

 

徹底的な非暴力を訴える村の長に対しては容赦なくその拳を叩きつけます。おじいちゃんなのに……

そして南斗五車星「山のフドウ」との対決時、「この線より下がったら俺に矢を放て」と自分の命をかけて決闘に挑み、なんやかんやで結局線を超えてしまい実質フドウに負けたラオウですが、それで拾った命で自分の部下にブチ切れて殺害してしまいます。

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第15巻)

 

いや、負けて部下に当たってる暇があったら自害しろや!! ラオウの言いつけを守らず勝負に水を差した部下はもちろん悪いですが、それを咎めるのに命を奪うのはどうなんでしょう?

手段は腐っていても君主を守るために奔走した部下の末路は悲惨です。絶対上司にしたくねぇーわ……

言動一つで殺される組織に、それでも所属している部下って、もしかしてその他の待遇は破格だったのか!?

 

「バキ」シリーズで範馬勇次郎は「強さとは我が儘(わがまま)を貫き通す力」と語っていますが、ラオウは「ワガママは言えど、貫き通せなかった」クチです。これがすべて強引に成就させていたら大物になったろうに。

 

剛拳を名乗る割には小心者

  ラオウの持ち味はなんと言ってもその戦闘スタイル。

自身で「剛拳」を名乗るだけあってなんともパワフルな戦い方。目の前に現れる壁はとにかく正面から破壊!!

己が覇道を邪魔するものは何人たりとも容赦はせん!!

 

……と思いきや、必ずしもそのスタイルは貫いているものではなく、何度も正面からの戦闘を避けているシーンがあります。

 

有名なものはサウザー戦。

ケンシロウがメインでサウザーと対決するのですが、ラオウも傍観者&ケンシロウの保護者として戦闘を観覧。

その際サウザーから挑発を受けていますが、当のラオウは「おごるなサウザー!! きさまの体の謎はトキが知っておるわ!!」

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第11巻)

 

 

ってオイオイオイ! そこトキ任せかよ! お前の剛拳でどうにかせーよ!

部下に関しては自分の癇に障る発言は許さないラオウ。しかしライバルに対してはそうでもないようです。謎知らないから怖いもんね、仕方ないね

 

一方でサウザーの謎をラオウに教えなかったトキはグッジョブ! でも「トキが知っておるわ!!」という言動からさわり程度は伝えてたんでしょうか?

トキ「謎知ってるんだけど、兄貴には教えんわw」みたいな。かわいいやり取りだなオイ

 


また、カサンドラ編では拳法家の親子を幽閉して免許皆伝を奪った上で全員獄中死させています。
理由はいずれ自分の脅威になりえる存在は消すため。

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第7巻)

 

 

オイオイオイ拳法家の男を殺すまでならまだわかるけど、妻子供も巻き込む必要ある?
自分の身を捨ててまで家族の命を守ろうとする「漢」に対してこの仕打ちは小物すぎる!!

来るかもわからぬ先の脅威を恐れるとは、もはや政治家のような慎重さ。

 

 

そして自分の剛拳が通じないと見るや素直に敗北を認めず不意打ちに走る姑息さ。

師であるリュウケンとの対決時、完膚なきまでにボッコボコにされたにもかかわらず、リュウケンの病状悪化による発作で動きが止まったのをいいことに仕返し。完全にチンピラのケンカですね

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第8巻)

 

 

この顔! 完全にジャギ化してます。

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第5巻)

 

ジャギが伝承者争いに負けてアタフタしてた時、ラオウは落ち着いた雰囲気を見せてましたが多分内心ムッカムカ。

リュウケンも天国で「コイツ育て方間違ったわ」と嘆いていることでしょう……

 

一貫性なさすぎ

  『北斗の拳』の世界では「死兆星」を見たものは結構な割合で近いうちに死にます。

中には死ななかったり、多少長生きする者もいますが、まあそう考えるとわりと当たる占いみたいなもんでしょうね。

 

自分の覇道を侵すものはたとえ神でも許さないスタンスを見せる割に、この星占いには異常なほど拘ります。

トキとの対戦中に「天を見よ!! 見えるはずだあの死兆星が!!」と言われた際には身体をワナワナさせながら脂汗を流しています。そんなに占いがこえーかよ

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第12巻)

 

こんな調子じゃ神なんかと戦っても勝てるはずがありません。まあそれ以前にケンシロウに負けたんだが

 

普段はポーカーフェイスを決め込んでるラオウですが、内心はいつ自分に死兆星が見えるのかドキドキだったんでしょう。

もう無理に世紀末覇者名乗るのやめといたら?

 

 

そしてユリアに対しても血も涙もない強気なスタンスを決めていましたが、一度ユリアの病を知ってからは急にしおらしくなるラオウ。

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第16巻)

 

病状を察すると自然と涙があふれ出します。もうこうなってはただの優しいおじさんです

最初からそのアプローチをしていればいくらか希望はあったんじゃないでしょうか?

 

そもそも秘奥義を習得するにあたって「哀しみ」を再現しなきゃいけない段階で「せや! ユリア殺したろ!」っていう短絡的思考自体が哀しいです。そうでもしないと習得できない自分の不甲斐なさに嘆くべき。(べジータ的発想)

(出典:『ドラゴンボール』コミックス第29巻)

 

サウザーやシンなどの自分を貫いて死んでいった男たちが多数存在する北斗の拳の中では、どうしてもラオウのダブルスタンダードな感じがやたらと目立ってしまいます。

 

でもラオウ好きです

  ここまでさんざん小物と扱き下ろして紹介したラオウですが、僕は彼を「最低のキャラクター」とは全く思いません。

それどころか、ケンシロウよりよっぽど人間らしいと思いませんか?

 

作中でもラスボスポジションなのにワーワー喚くし、汗もダラダラかくし、幼少期の恥ずかしい&未熟エピソードも彼は非常に多いです。ケンシロウやトキが優等生に見えるレベル

それでおいてワガママで小心者で一貫性のない不器用な彼ですが、「自分の見せ方」って言うのはよくわかってると思います。

つまり、ラオウを「漢(おとこ)」としてアゲる人間が多いってことは、そのマイナス要素を補って有り余る人間的な魅力があるってことですよね。

 

僕はラオウのシーンで好きなのは最後に「みごとだ弟よ!!」とデレた部分。

 

(出典:『北斗の拳』コミックス第16巻)

 

ラオウが完全にそうだとは思いませんが、クソみたいに性格の悪いキャラクターが善人化するとかなり評価上がりますよね。「意外とイイやつやん」って

敗北を認めたラオウはまさに「優しいお兄ちゃん」。正直ケンシロウを抱いた瞬間「甘いわ愚弟が!!」って絞め殺すかと思ってたので……

 

何かと伝説を作られまくり、天国で肩身の狭い思いをしている彼だとは思いますが、これを機にラオウの「そのまま」を愛してあげてもいいんじゃあないでしょうか?


エンド