にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

レーシックの失敗が怖い人は「オルソケラトロジー」を試してみて!

スポンサーリンク

 

 「せいじくん? あぁ、あのメガネの子?」

 

これマジやめろ。

 

どうも、メガネくんと呼ばれるのがどゎい嫌いなせいじです。

一昔前から巷では「メガネ男子」なるものが脚光を浴びていますが、僕はずぇんずぇん嬉しくないです。

 

なぜなら、選択肢がないから。

 

「メガネ男子」になりたかろうがなかろうが、僕はメガネ男子でいなければならない。

目がいい人にこの気持ちわかる?

伊達メガネかけて

 

「今日はコレでいってみよう(メガネクイッ)」

 

とかやってる人を見るとそのお気軽さと自分の不能さに羨望と憤りの念を禁じえません。近眼にとって、目がいいということだけで何物にも勝る充実感と幸福感があるのです。

 

こんな風におちゃらけてますが、心の中では「このメガネ投げ捨てたい……」とか考えてます。それだけ近眼とは僕の大きな悩みの一つでもあります

 

今回は、視力回復したいボーイの僕が画期的な視力矯正法「オルソケラトロジー」を体験したお話をさせていただきます。近眼に悩む人、この技術を知っていて手を出そうとしている人の参考になれば幸いです

 

 

ソフトコンタクトレンズに手を出すが……

 視力優良者に対し散々怒りを覚えてきた僕であったが、中学2年生くらいまでは視力はかなり良かった。

その数値、実に右2.1&左2.5と田舎者ならではの高スコアを叩き出していたのだ。それが受験勉強だ情報処理の授業だと、目を酷使する機会が徐々に増えてゆき、成人するころには左右0.1を切るという体たらく。

 

一時は「ソフトコンタクトレンズ」という画期的な商品に飛びつきその視力矯正性能に酔いしれたのだが……

 

目が疲れる!!

 

そう、僕みたいな身体に異物入れられないマンは、最初の1時間こそ快適に高視力を堪能できるものの、それ以降はやたらと目が乾き、何度も何度もコンタクト用目薬を差したり、あくびをして涙を補充したりとその視界を楽しむ暇がない。

 

おまけにソフトコンタクトをはずし忘れた日にゃあ、翌朝コンタクトはカピカピ、目は充血しまくりと前日そのままムニャムニャしちゃった自分をぶん殴りたくなるほど。

ちなみにソフトコンタクトレンズを装用したままの睡眠は、角膜剥離や角膜潰瘍などの目にとって重篤な症状を引き起こすことがあるので絶対にダメだぞ!

 

オルソケラトロジーという視力矯正法を発見する

 本題のこの項までやってくるまでにえらく長い道のりのように感じるけど、実はこの矯正法、結構前から知ってました。

知ったのは高校くらいの頃で2000年代前半、実際に試したのは2014年と、実に10年超の期間があるものの、「いつかこの矯正法を試してみたい」という憧れはずっとあった。

 

ここで「オルソケラトロジー」とはなんぞや? っつー部分を少し掘り下げたいと思います。

簡単に言うと「特殊な形をしたハードコンタクトレンズを長時間装用し角膜の形をクセ付けして、その矯正した角膜の状態でレンズを外すと視力が回復している」という代物。

メスなどを使った手術を一切必要とせず、可逆性の高い矯正法なのでレーシックなどに比べて安全性が高いと言われています。

オルソケラトロジー - Wikipedia

 

スゴくね!?

レーシックなんつーのは不可逆性(一回やると元に戻んない系)の高い手術であり、医療ミスなどが起これば結構な代償を払わなければいけないわけです。

しかしオルソケラトロジーはその心配がない。途中で止めたきゃ止めればいいし、後遺症なんつーのもまず起こらない。

日々技術が進歩する中でレーシックの安全性を疑うのはナンセンスではあるかもしれないけど、身内にも結局視力下がっちゃった人とかもいるからね……個人差とは恐ろしいモンです

 

オルソケラトロジーの治療フロー

 んで気になるのが「画期的なのは分かったから、どうやって治療すんのヨ?」ってトコだと思う。

僕が当時通ったのは新宿近視クリニックというトコなんだけど、そこでの治療フローは

 

  1. カウンセリング
  2. 視力検査
  3. テストレンズ装用
  4. (1~2週間後)マイレンズ受け取り

 

ここまでがクリニックでの処理。1~3まではその日にできるからそんな足しげく通わなくてもいいのが助かる。

料金は両目で15~16万円ほど(2017年現在)。レーシックに比べたらまだまだ高いですね

 

ちなみに僕はテストレンズ装用の30分~1時間ほどでその威力を目の当たりにしました。その短時間でも若干視力回復してたんですね

 

んで!!

ここからが重要な、マイレンズを受け取ってから自宅での治療フロー!!

 

  1. 寝る前にレンズを装用する
  2. 寝る
  3. 起きる
  4. レンズを外す

 

 

ビビるやろ? たったこれだけやで?

 

ミソなのは「寝ている間にレンズを装用している」こと。僕らがふだん使い慣れたソフトコンタクトレンズとは真逆の発想ですが、レンズの特性として「非常に酸素透過率の高いレンズ」を使用していることから実現可能になった手法ですね。(ソフトコンタクトレンズは酸素透過率が著しく劣るため目へのダメージが大きい)

 

この治療中、近眼だった僕が一番感動したのは朝です。

 

朝、目を覚ますと視界がハッキリしている

 

目のいい人には分からないでしょうね、この素朴な感動が……!

僕らメガネ族は当たり前ですが寝るときメガネをはずします。その時見える世界は視力にもよりますが僕みたいに0.1切ってる野郎には裸眼だとすりガラスだかぼかしエフェクトが入った世界にしか見えません。

 

それが! 朝から! くっきり! 見えるゥゥウウゥウーーーー!!

 

もうヤバイ。テンションMAXとかそんなレベルじゃない。目ン玉外して洗浄して生まれ変わったみたいな気持ち。視力という手術以外では矯正困難な問題が、レンズつけて寝るだけで解決してる!!

 

その視力は驚くなかれ両目とも1.5!!

 

なんだこれはーーーーーー!!

 

はい。そんなかんじでした

 

オルソケラトロジーのメリット・デメリット

 こんな感動秘話満載のオルソケラトロジーなんですが当然メリット・デメリットがあります。

んで結論から言うと僕はレンズの使用をやめました。その理由も含めご説明します

 

メリット

1.特にアクティブな治療ではない

 さっきの治療フローにも記載しましたがやってることはレンズつけて寝てるだけです。みんな通常は1日のうち少なくとも6時間くらいは睡眠時間を確保しますよね?

その時間を使ってレンズをつけてるだけです。「今日はスポーツするからメガネからコンタクトに変えよう」とか方針を変えなくていいから楽

 

2.可逆的な治療である

 このレンズは装用することによって角膜が矯正され、視力が回復します。もしレンズを1日つけ忘れても重篤な症状を引き起こすことなど無く、視力が元に戻るだけです。

やり始めて「ん、なんかおかしいな?」と思ったら止めればいいんです。そこはレーシックと違ってスッゴイ気楽です

 

3.起きていてもレンズの装用が可能

 コレお医者さんに聞いたんですが、別に起きている間につけてても問題はないそうです。ゆーてハードコンタクトレンズの一種だし

もちろん起きて装用してる間にも視力の矯正はリアルタイムで行われてます(テストレンズは起きたままつけて試したし)。

それで「そろそろ大丈夫かな?」って思ったらレンズ外せばいい。そすっと裸眼でも見えるようになってるから

 

4.運動に最適

 これが一番のアビリティーだと思います。僕器械体操やってたんで宙返りとか、それをひねってみたりとかの運動をしてたんだけど、ソフトコンタクトレンズだとコンディションによってはレンズがずれたりしてたんだよね。(このままだと外れそうなくらい……)

でもオルソケラトロジーなら裸眼なワケだから、そんな心配全くナシ!!

しかもソフトコンタクトならではの目の乾きもなくなって、普段の生活もホント楽になりました。これが一番テンションあがったよ

 

デメリット

1.治療代が高い

 さっき少し触れたけど、治療代は両目で最低15万円くらいします。新宿近視クリニックはクレジット決済できたから分割で治療したけど、それでも高いよね!!

 

しかも!!

このハードレンズ、結構デリケートで壊れやすく、洗ってる最中にはずみで少し強く握っちゃったら「パキッ……」っと壊れちゃいました。交換レンズ代は片目25,000円……

それ以降は扱いに細心の注意を払うようにしました。

 

2.異物感がヤバイ

 酸素透過率など、やたらソフトコンタクトレンズとレンズ特性を比べてはいましたが、装用感でいうとソフトコンタクトレンズの足元にも及びません。

確かに装用感のアップに努めてはいるようですが、それでもソフトコンタクトに比べて目の中が「ゴロゴロ」する感じはありますし、ホコリなんかが入っちゃった場合の痛みはソフトコンタクトの比じゃありません。

大の男が「うぉぉおぉおおん……痛いよぉぉお……」と涙を流しながら水道を探すレベルです。

 

感じ方には個人差あって、気にならない人には全く気にならないかもしれませんが、僕の場合は「慣れるけど、やっぱり気になるなぁ」でした。

 

3.1日の視力にバラつきがある

 先ほどメリットとして挙げた「可逆性」ですが、見方を変えればデメリットともなりえます。

というのがこの治療、角膜をレンズの形に「矯正」してるので、レンズを外せば角膜は元の形に戻ろうとするわけです。

もちろん外した瞬間から「ヒュン!」って戻るわけじゃないけど、それは時間をかけてじっくりと行われます。

特に治療始めの頃は、クセ付けが定着してない為、朝は「クッキリ!」でも夕方あたりから「なんか少しぼやけてる……?」な感じになります。

 

もちろん治療1週間目、1ヶ月目と治療日数を重ねていけば余裕で丸1日もつようになってきますが、その間は中途半端な視力のため今まで使ってたメガネは度が強すぎて、裸眼だと見えにくいという状態になります。特に運転系の仕事だとこのゆらぎは結構痛いと思う

 

自分の体質が適合すれば最強

 実際に体験してみて感じてメリット・デメリット、メリットの方が思いつく数は多かったですが、何故僕は治療をやめてしまったのか?

 

それは元々睡眠障害を持っていたからなんですね。

睡眠障害というと重く聞こえるかもしれませんが、元々眠りが浅い方だったので、そこに併せてオルソケラトロジーの異物感がこんにちはしちゃって、余計眠れなくなっちゃったわけです。

そうなるとソフトコンタクトの「目が疲れる!」っていうのをカバーできてない気がして、約1年ほど治療を続けてきた頃に装用をやめました。

 

その日から徐々に始まる視力の低下はホントなんとも言えない気持ちになったよ……(元の視力に戻ってるだけ)

 

というわけで僕みたいに「環境が変わると落ち着かなくて眠れない人」はオルソケラトロジーはやめた方がいいかもしれません。

逆にどこでも寝れる図太い神経を持った人(うちの嫁とか)は、手術のリスクもなく裸眼で快適に過ごせるチャンスなので試してみるのがいいかもと思います。

 

僕自身、この眠れない症状がなくなったらすぐにでもまたオルソケラトロジーの治療再開したいくらいなんだもん……

 

みんな、目がよく見えるってのはスゴイ財産なんだぞ!!

 

 

エンド