にちプチ 【Nichi-Petit】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちプチ 【Nichi-Petit】

日常のプチ情報やプチンときたことを書きなぐるブログ

電車のマナーを守らないイカれたメンバーを紹介するぜ!!

スポンサーリンク

 

 オッス! オラ東京住みせいじ!

 

東京だけじゃなく、都市部に住んでいれば全く乗んないことなんてないと思われる電車。

東京ならJR中央線や山手線、小田急、東京メトロ、政令指定都市でも結構な路線が街に張り巡らされている。ヨッメの実家名古屋も結構路線多かった

 

ほんで通常電車はグリーン車両でもなければ車内に特に指定席などはない。つまり自由に人が出入りすることができる。

つーことは自ずとそこには電車内だけの人間関係が発生していて、その中には暗黙の了解ともいうべきマナーが存在する。(暗黙の了解というほど込み入ったものでもないが)

 

たとえば携帯電話の通話。こんなの問題外ね。緊急でもなく談笑してたりするとハナクソ飛ばしたくなるわ

他にも 席で足組んだり股おっぴろげたり……どんな生き方してきたんだってやつは多い。

 

今回はそんな電車の中でよく出会うアレなやつらについてニックネームをつけて語っていこうと思う。

 

 

イカれたメンバーを紹介するぜ!!

 

門番

 車両出入り口の左右の端を占領するやつらだ!

角が落ち着くからなのか? それとも自分が降りる駅の開くドアの側が分かっているからそこに居座っているのか? それは誰にもわからない

 

通常混雑時の出口側はドアの開閉時に一旦外に出て内部の降車希望者を外に出すのがマナーだけど、頑としてどかないやつもいる。「ワイ、壁寄りにおるから邪魔になっとらんやろ?」とすっとぼけた顔してるけど、でっかい荷物やいじってるスマホ込みで十分邪魔やぞ。

 

 中には座席が空いていて、目的地も1駅程度ではないにもかかわらずその場所にずっといる猛者もいる。トレーニング? それともドMですか?

 

ゴールキーパー

 前述の「門番」よりもさらに手ごわい乗客だ! あいつはこの四天王の中でも最弱……(4人とは言ってない)

このアンポンタンは「角」ではなく出入り口の前、つまり「真ん中」にずっと立っている。そう、電車が停車し、ドアが開いたにもかかわらずずっとその場所にいるの

ほんで出ていく乗客、入っていく乗客をスマホを見ながらひらりひらりとかわしているつもり……とか思っとるやろ?

バカスカ当たりまくってるからな、実際。キャプ翼の若林君かお前は

 

その当たった客がまた別の客に当たってしまい、カービィのピンボール状態。

出入り口が詰まってしまう原因にもなるので決して真似せず、おとなしく一旦車両を出てしまいましょう。

 

さすがにこのタイプはトラブルに発展することが多く、舌打ちをされたり、中には「ジャマくせーんだよ!!」と突き飛ばされた人もいます。

それを見た僕は心の中で「よー言うた!!」と拍手を送った。でも乱暴はNG

 

ブックマークマン

 たぶんこのタイプは毎朝同じ電車の同じ車両に乗り、同じ位置で降車を待っている人なんでしょう。

「門番」より場所に対するこだわりが強く、もはや風物詩と化している模様。

 

でも!

混雑時にはそれがみんなに受け入れられるわけないんだよな~~~~!!

頑なにそこを動かないさまは他の者に凄まじい不快感を与えます。

 

このタイプは若干コミュ障を併発しているのか、「降ります」「すみません」の一言がいえず混雑時にブックマークされた位置から人をなぎ払うように出入り口に向かうことがある。いわゆる「無双タイプ」でもある

お前こそ、真の三國無双よ……(褒めてない)

 

シンキングマン

 たかだか「空いた席に座る」というだけの行為に熟慮を要するやつだ!

目の前の席の乗客が降りたにもかかわらず、その空いた席に座ろうとしない、一見すると「何考えてるかわからない」んだが、実は自分と空いた席の少し左あたりにお年寄りが居たりして、それを差し置いて座ることに戸惑いを覚えていることもある。(しかも声をかけられない)

 

ピュアか!! 中学生の恋愛か!! シャイボーイ

 

一言「どうぞ」って言ってあげてーーーー!! 

だがもしかすると彼らには座っている「何か」が見えているかもしれないので軽率に文句を言うことはやめたほうがいい。祟られるで

しかも若干目つきの危ない人も中にはいるので注意が必要である。お祓い行けよ……

 

やはり混雑時には疎まれるタイプで「空いてんだから座れや! こっちギュウギュウやろ!」という周囲の心の悲鳴が聞こえてくる。

 

修行僧

 「吊皮を握っている間はまだまだ小僧……」というタイプ。 頑なに吊皮ではなく、足だけで電車の揺れる衝撃を吸収するやつだ!

 

進行方向に対して斜め45度の足の位置と、ニュートラルな位置からの絶妙な膝の曲げ具合がうまく組み合わせることでこの超絶技術は成り立っている。

だがたまに電車が停車位置を直す際、停車した車両がグッと動いて、その瞬間にバランスを崩して金属のフレームなどにぶつかってしまう者もいる。

それを隣で目撃したこっちの身にもなれよ気まずいわ

 

そいつ「グラッ……ゴンッ!!」

 

↓ぼく「ブフォwwwww(あと5駅笑いを我慢できん……)」

 

そいつ「(メガネクイッ)」

 

↓ぼく「wwwww」

混雑時にもこのスタイルを貫き通す猛者が居るが、ぶつかられるこっちはたまったものじゃないから大人しく吊皮を使ってほしい。

修行僧と言いつつ、単なる「他人が握ったやつなんてやぁよ!」な潔癖症である可能性も

 

マナークラッシャー

 「マナーなんて法律じゃないから守らなくても大丈夫!」がモットーなやつらだ!

 

このイカレポンチは混雑時にも優先席を堂々と使い、そこで使用を控えるようアナウンスされている携帯電話を惜しげもなく使いだす。(混雑時でなければ優先席は使ってもOK。優先対象者が来たら席を譲ってあげてね☆)

 

よくよく見ると左右の優先席がすべてこいつらで埋まっていて、目の前で年輩の方が立っているという優先席の存在意義が疑われかねない光景も稀に遭遇する。

 

大抵はスマホに夢中で目の前に老人が居ることに気づいていない。

面白いか? 優先席でやるツムツムはよ?

 

すでに優先席をそのような使い方をする時点でこちらの注意を素直に受け付けるとは思えないので、野良犬が来たと思って過ぎ去るのを待つしかないだろう。

 

花咲かじいさん

 主に席内で粉物を顔にせっせと塗りつけているタイプだ。

花咲かじいさんと言っているが圧倒的に女の比率が高い。

いかにも「私には時間がないの!!」なハードワーカーを気取ってはいるが、何のことはない、ただ30分早く起きて化粧を済ませればいいだけである。寝ぼすけさんね

 

問題は絵的な不快感もあるが、その粉末が風に揺られ衣服に付着することである。おろしたてのスーツ、漆黒の布地にこの肌色の粉がついたときは殺意が湧くほど不快である。

揺れる車内で描くから眉毛ゆがんでるぞ

 

ご丁寧にウォータープルーフとかいう水で簡単に落ちない素材を使ってくれたりするから粉が! スーツに! 擦れて伸びるウゥウウゥウ!

たまにヴィジュアル系の男がやっていることもある

 

宇宙飛行士

 クソデカイリュックを背負ったまま混雑に突っ込むやつ!

 

(特に混雑時)電車に乗った時のマナーとして、リュックは手に持つとか、胸側に回して持つとか諸説あるけどそれすらやんない。

おまけに降車の方向転換時にはその背負った凶器で人々をなぎ払う始末。

非常に攻撃力が高いためお年寄りは注意

 

おまけにリュックサックのメーカーまで風評被害に遭うダブルパンチ。

ノースフェイスさんちーーーっすwwww

 

バッヂつけまくったリュックマンにおろしたてのセーターの繊維を削り取られたのは痛い思い出。ザ・ハンドかお前は

 

イカれたメンバーに遭遇したら…… 

 最低限のマナーを守らない客はほんま腹立つよね!

 

しかーーーーし!

だからといって注意するのはあまり良い選択とはいえない。

 

マナーを重んじ、人に教えるのは良いことなんだけど、イカれたメンバーたちはそれを素直に聞くとは思えないもん。仮に注意してそれを聞き入れられたことがあるからといって次回もそうなるとは限らない……イカれてるし

僕らにできることはその嵐が過ぎるのを待って、駅員などに苦情を伝えるくらいじゃあないでしょうか。

 

日本は「恥の文化」であるという。だったら「こういうことする奴は卑しい人間ですよ! イカれてますよ! 気をつけてね! お兄さんとのお約束だよ!」という空気をもっともーっと世間に広めていくことが一番の防止になるのではないだろうか。

 

東急線とかJRとかそんなポスターあるよね。鉄道会社頑張れ。超頑張れ

僕もやーな乗客にならないように気をつけます

 

エンド